伊坂幸太郎『逆ソクラテス』表紙公開! カバーイラストは画家・junaida氏による描き下ろし

株式会社集英社

 株式会社集英社(本社:東京都千代田区)は、4月24日に発売される伊坂幸太郎の最新刊『逆ソクラテス』の表紙を公開しました。

 本作のカバーイラストは、『Michi』(福音館書店)が第53回造本装幀コンクール・日本書籍出版協会理事長賞(児童書・絵本部門)を受賞、昨年11月に発売された絵本『の』(福音館書店)も話題の画家・junaida氏による描き下ろしです。

 装丁デザインは名久井直子氏が担当しました。

 【4月24日発売 伊坂幸太郎『逆ソクラテス』内容紹介】

 敵は、先入観。

 世界をひっくり返せ!

 伊坂幸太郎史上、最高の読後感。

 デビュー20年目の真っ向勝負!

 無上の短編5編(書き下ろし3編を含む)を収録。

収録作を初公開!

 「逆ソクラテス」

 「スロウではない」

 「非オプティマス」

 「アンスポーツマンライク」

 「逆ワシントン」

 【書誌情報】

 発売日:2020年4月24日(金)

 定価:本体1,400円+税

 頁数:288頁

 ISBN:978-4-08-771704-4

 発行:株式会社集英社

 特設サイト:https://www.shueisha.co.jp/gyakusocrates/

 特設サイト内で情報を随時更新していきます。

 【著者略歴】

 伊坂幸太郎(いさか・こうたろう)

 1971年千葉県生まれ。東北大学法学部卒業。2000年『オーデュボンの祈り』で第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。04年『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞、「死神の精度」で第57回日本推理作家協会賞(短編部門)、08年『ゴールデンスランバー』で第5回本屋大賞・第21回山本周五郎賞を受賞。他の著書に『重力ピエロ』『終末のフール』『残り全部バケーション』『AX』『ホワイトラビット』『クジラアタマの王様』、阿部和重氏との合作『キャプテンサンダーボルト』などがある。

 全国の一部書店ではjunaida氏描き下ろしのイラストを使用したポスターを掲出予定です。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ