【LINEリサーチ】高校生・新大学生が春からの新生活で頑張りたいことは勉強と恋愛・友だちづくり 新社会人はこれからの生活に備えて断捨離や貯金に意欲的

LINE株式会社

 LINEリサーチ 新年度・新生活に関する調査を実施

 LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛、以下LINE)では、同社が保有する約506万人という国内最大級のアクティブな調査パネルを基盤とした、スマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」を運営しております。このたびLINEリサーチでは、高校生、新大学生、新社会人を対象に、「新年度・新生活」に関する調査を実施しましたので、その結果をお知らせいたします。※調査結果の詳細はLINEリサーチの公式ブログでご覧いただけます:https://www.linebiz.com/jp/column/research/20200326/

■高校生編 -「勉強」「部活」「恋愛」を頑張りたい。「受験」にも不安あり

 『頑張りたいこと』では、「勉強」が最も高く7割強。次いで「部活・サークル活動」が約5割。また、新大学生、新社会人には上位ランクインしていなかった「恋愛」も約3割で4位という結果になりました。

 新しい学年を迎える高校生活で、勉強だけでなく恋愛や部活を頑張っていこうという気持ちがうかがえます。

 『準備していること』では、「勉強」が7割弱と最も高く、進級に向けて学業に取り組む意識が見られます。「貯金」「断捨離」などが続きますが、大学生、新社会人と比較すると他の項目は低い結果となっています。

 『新年度への期待と不安』については、「期待でいっぱい」「期待のほうが強い」が29%。「期待と不安と半々」は31%、「不安のほうが強い」「不安でいっぱい」が28%という結果でした。期待と不安それぞれを胸に新年度を迎える高校生が多いようです。

 『不安に感じること』について、「不安がある」と回答した高校生に聞いたところ、「勉強や課題が大変そう」が約7割で1位でしたが、次いで「受験勉強に力を入れないといけない」が約5割と、高校2年生、3年生の前には受験という不安が立ちはだかっていると言えます。

■新大学生編 -「服や靴を買う」「断捨離」で準備。新生活への期待は4割以上

 『頑張りたいこと』では、「勉強」が7割弱で1位。次いで、「友だちづくり・人脈づくり」「アルバイト」が5割以上と続きます。進級とは異なり、新しい場所で、新しい友だちとの関係が始まる新大学生では、「友だちづくり・人脈づくり」を頑張って、楽しい大学生活を送りたいという意識があるのかもしれません。

 『準備していること』では、「服や靴などのファッションアイテムを買う」が1位で約5割となりました。また5位に「イメチェンする」も約3割の結果となりました。高校生の時は制服だったという人も、大学生の自分にあったファッションアイテムをそろえたり、雰囲気を変えて新しい環境にのぞみたいという気持ちがあらわれているのかもしれません。

 『新生活への期待と不安』については、「期待でいっぱい」「期待のほうが強い」の割合が42%となりました。高校生の29%や新社会人32%と比較しても高く、キャンパスライフに期待を感じていることがわかります。

 『不安に感じること』について、「不安がある」と回答した新大学生に聞いたところ、「勉強や課題が大変そう」が約7割で1位でしたが、僅差で「新しい友だちができるか」が7割弱と続きました。3位に「お金のやりくりができるか」が4割強となっています。大学生になり、1人暮らしを始めたり、上京をするなど、暮らしの変化も考えられます。そういったところから、お金に関する不安がランクインしたことも考えられます。

■新社会人編 -「仕事」「貯金」に意欲。不安は「仕事についていけるか」「朝起きられるか」など

 『頑張りたいこと』では、「仕事」が最も高く7割強。次いで「貯金」が約5割。高校生や新大学生では「貯金」は5位以内にあがっていませんでしたが、お給料をもらえる新社会人にとっては頑張りたい項目として上位にくるようです。

 『準備していること』では、「断捨離・整理整頓」「貯金」が4割弱。で1位、2位となりました。

 学生から社会人という大きな節目で、持ち物を整理したり、お金の管理をしたり、新たな生活を始める準備をしています。また、「服やファッションアイテムを買う」や「美容室・ヘアサロンに行く」も5位以内に入っていることから、外見を整えておこうという行動もみられます。

 『新年度への期待と不安』については、「期待でいっぱい」「期待のほうが強い」が32%。「期待と不安と半々」が31%、「不安のほうが強い」「不安でいっぱい」も32%、という結果でした。初めての社会人として、期待もあり不安もありといった状況と思われます。

 『不安に感じること』について、「不安がある」と回答した新社会人に聞いたところ、「仕事についていけるか」が8割でした。次いで「上司や同僚とうまくやっていけるか」が約7割、「朝ちゃんと起きられるか」は、高校生、新大学生と比較しても最も高く5割弱という結果となりました。

 大学生の時とは異なり、社会人として遅刻はしてはいけない、しっかりしなければいけないという意識のあらわれかもしれません。

【調査について】

 LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査

 調査対象:日本全国 15歳以上24歳以下の男女

 実施時期:2020年3月12日~3月16日

 有効回収数:2,353サンプル

 ※性別年代構成比を市場にあわせてウェイトバック

【「LINEリサーチ」について】

 「LINEリサーチ」は、企業における事業開発・マーケティング活動の最大化を目的にした、スマートフォン時代のリサーチプラットフォームです。約506万人のアクティブモニターのうち10~29歳が53%を占め*、学生や若年向けの出現率の低い調査も実施可能です。また、従来型の調査パネルと異なり、リサーチ興味度の薄い層にもコンタクトが可能なため、より一般的な意見を収集できます。LINEのプッシュ通知で配信するため、ユーザーがリアルタイムで回答しやすいだけでなく、スマートフォン上で回答しやすい画面設計を行っていることで、効果的に調査を実施することが可能です。

 * 2020年1月時点

 「LINE リサーチ」公式サイト:

https://www.linebiz.com/jp/service/line-research/

 LINEリサーチでは、今後も国内最大級のアクティブな調査パネルを基盤に、様々な調査を定期的に実施してまいります。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ