21年間早大生に愛された辛口カリーが3年ぶりに復活。「早稲田メーヤウ」が2020年5月オープンに向けてクラウドファンディングを開始!

MUDALESS株式会社

 ~クラウドファンディングやTwitterで限定キャンペーンも~

 MUDALESS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:高師 雅一)は、2017年に閉店した「メーヤウ 早稲田店」の元店長監修のもと早稲田の名店の味を復活させ、カリー店「早稲田メーヤウ」を東京・早稲田にオープン致します。また、オープンに向けて2020年2月15日より2020年3月26日まで「CAMP FIRE」にて、クラウドファンディングプロジェクトを実施します。

チキンカリー。スパイスが効いており、かなり辛い。一口でおでこに汗が滲みます。 10種類以上のこだわりのスパイスを独自ルートで仕入れ、調合したチキンカリー。

 ●早稲田メーヤウとは

 東京都新宿区の早稲田大学近くにあるメーヤウ早稲田店は1997年に開業し、2017年に閉店するまでの21年もの間、早大生に愛され続けてきました。多い日では、1日に300食以上も売れるカレー店でした。食べログでも評価3.46点の人気店として掲載されています。

早稲田大学目の前にあったころの店舗。午前中は行列が絶えなかった。

 ●名店の閉店と復活プロジェクト

 2016年頃から店長の高橋忍さんの体力的な問題から営業継続の難しさを感じ閉店。その後もSNS等や限定復活イベントを通じてたくさんのファンに愛されていることを目の当たりにし「この味を絶やしてはいけない」と痛感。その後、熱烈なファン達により復活プロジェクトが発足、元店長の高橋さん監修のもと今後は「早稲田メーヤウ」の屋号で早稲田に店舗をオープン致します。

1日オープンした時の様子。オープン前から100人近くが並びました。

 ●クラウドファンディングを開始

 2020年2月15日より「CAMP FIRE」にてクラウドファンディングを開始します。冷凍カリーや限定の会員証や、「現役の早稲田生にカリーをご馳走する権利」等のリターンをご用意しています。

 【店舗概要】

 店名:早稲田メーヤウ

 場所:東京都新宿区西早稲田2-20-5 1F

 企業名:MUDALESS株式会社

 代表者:高師雅一

 URL:https://maeyao.jp/

 Twitter:https://twitter.com/maeyao_waseda

 お問い合わせ先:info@maeyao.jp

 【クラウドファンディング概要】

 期間: 2020年2月15日(土)~3月26日(木)

 目標金額:150万円

 URL:https://camp-fire.jp/projects/105458/preview?token=h462wv6w

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ