3年に1度の「高徳院 鎌倉大仏様」への“大わらじ”奉納へ!片足だけで90cm×180cm!重さ約45kg!の“大わらじ”を奉納!!

常陸太田市

 令和2年2月16日(日)大わらじ作成、3月7日(土)奉納

 茨城県常陸太田市では、恒例行事の一つである「大わらじ」奉納を行います。3年に1度作り替えられる「大わらじ」。城県常陸太田市松栄町の「松栄子供会」の皆さんが2月16日に作成し、鎌倉大仏で知られる高徳院へ3月7日奉納いたします。

 茨城県常陸太田市では、鎌倉大仏で知られる高徳院の休憩所に掛けられている大きな「わらじ」を3年に1度奉納しています。

 今年は、その「大わらじ」の取り換える年で、2月16日に茨城県常陸太田市松栄町の「松栄(まつざか)子供会」によって“大わらじ”が作成され、3月7日に高徳院へ奉納されます。

奉納 大わらじ

 “大仏様に日本中を行脚し、万民を幸せにしていただきたい ”という願いが込められ、高徳院に奉納されるようになってから半世紀以上の歴史があり、3年に1度作り替えられる「大わらじ」は、茨城県常陸太田市の恒例行事として行われています。

 旧郡戸村(ぐんどむら)の産業祭に出品した大わらじを、「大仏さまにわらじを履いて行脚してもらい、日本中が幸せになるように」という思いを込め奉納されたのが始まりで、片足だけでなんと90cm×180cmの大きさで、重さはなんと約45kgになります。

 半世紀以上続く、高徳院へのか「大わらじ」奉納。今年も茨城県常陸太田市松栄町の「松栄子供会」が、3年に1度の奉納を行います。松栄町内では、今回の「大わらじ」作成にあたり、昨年の台風19号による洪水の大被害を受け、その復興への第1歩としての願いも込められています。

わらじ作成風景

 <松栄町会員による大わらじ作成について>

 1.作成日時 :令和2年2月16日(日)午前8時~ ※午前・午後で片足ずつ作成予定

 2.作成場所 :松栄営農センター(茨城県常陸太田市松栄町1027-3) ※駐車場あり

 3.参加者  :松栄町会、松栄町子供会(15人程度/午前中のみ)

 4.撮影時間 :子供会参加かつ、ある程度わらじの形ができている午前11時頃が最適

 5.奉納日  :令和2年3月7日(土)鎌倉大仏殿高徳院 奉納(神奈川県鎌倉市長谷4-2-28)

 6.連絡先  :松栄大わらじ保存会会長 島根利幸

 皆様におかれましては、是非この機会に会場へお越しいただくとともに、ぜひともご紹介いただきたくご案内いたします。

 なお、取材をご希望される報道関係者様におかれましては、取材申込の申請をお願いいたします。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ