アーティスト支援プラットフォーム「ArtSticker」、チケット機能を提供開始

株式会社The Chain Museum

 Media Ambition Tokyo 2020、3331 ART FAIR 2020を皮切りに、対応イベントを順次拡大予定

 アーティストを直接・気軽にサポートできるプラットフォーム「ArtSticker」(アートスティッカー)を運営する株式会社The Chain Museum(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:遠山正道)は、ArtSticker上で気軽にチケットを購入できるチケット機能を提供開始いたしました。従来の紙製チケットの販売・利用の流れをデジタル化し、スマートフォンに集約することで、「より簡単・便利・安全に」チケット売買が出来るようになります。本日より3331 ART FAIR 2020のチケットがArtSticker内で購入することができ、2月19日よりMedia Ambition Tokyo 2020のチケットが順次、購入可能になります。

導入の背景

 従来の紙製のチケットの場合、当日の購入や受付を行うのに長蛇の列に並ぶ必要があったり、また購入後に紛失してしまうなど、管理がしづらいことを不便に感じてしまう一面がありました。

 ArtStickerのチケット機能は、ArtStickerをみて気になったイベントや展覧会のチケットをその場で購入することができ、当日のチェックインまでが1つのプラットフォーム内で完結します。

 また、幅広いジャンルのチケットを扱う総合的なデジタルチケットサービスと比べ、「アーティスト支援プラットフォーム」という媒体上でのオンラインチケット販売になるため、アートが好きなユーザーに的確にイベント情報や最新情報を届けることができます。

 今後、ArtStickerのチケット機能を全国のアートイベントにおいて普及していく予定です。個人の展示やワークショップから芸術祭まで、幅広いイベントに対応する事でより多くの人々がアートに触れる機会を増やしていくことを目指してまいります。

[ユーザーのメリット]

 ・ArtStickerをみて気になったイベントのチケットを、その場でオンライン購入が可能に

 ・購入手数料0円(クレジットカード決済)

 ・マイページでのチケットの保管機能

 ・ArtStickerからの購入により、よりお得にチケットが手に入るイベントもあり

[運営者のメリット]

 ・チケットのオンライン販売の他、当日の受付に特別な機材は必要なく、一般的なスマートフォンで対応可能

 ・月額費用+初期費用不要

 (有料チケットの場合、販売手数料【4.8%+99円/枚】のみ発生)

 ・有料チケットの販売のほか、入場者数の上限がある無料イベントの整理券としての利用も可能。

 ・ArtStickerのイベントページからの販売になるため、アートが好きなユーザーに的確にイベントの最新情報を届けることができます。

 また、チケット購入の際、ユーザーへ外部サービスへの誘導なく直接チケットを販売できるため、ユーザーに外部サービスでの新規会員登録やログインの作業などの手間を与えることなく、購入離脱率を減らす事が期待できます。

各種アートイベントにて、チケット機能対応を続々予定

1.3331 ART FAIR 2020のコミュニケーションパートナーに決定

 ArtStickerにてお得な前売り券を限定発売中。

「3331 ART FAIR 2020」開催期間:2020年3月18日 - 3月22日

https://artfair.3331.jp/

 入場チケットが一般 当日券 2300円のところ、ArtStickerでは前売券を2000円で購入できます。(チケットは期間中再入場可・ガイドブック付き)

 また、ツアーやトークなど、3331 ART FAIR 2020をより楽しむ事ができるさまざまな関連チケットもArtStickerで限定販売します。

▼お得なチケット詳細は下記よりご覧ください。

https://artsticker.app/share/events/94

2.ArtStickerがMedia Ambition Tokyo 2020の公式アプリとして採用決定

 「Media Ambition Tokyo 2020」開催期間:2020年2月28日 - 3月8日、14日

http://mediaambitiontokyo.jp/

 Media Ambition Tokyoでは今回から、公式アプリとしてArtStickerを採用。

 展示される作品情報、オンラインチケット購入、作品の展示場所がわかる地図機能など、

 Media Ambition Tokyo2020をより楽しむことができます。

 ※チケット販売は2月19日15:00より開始を予定しております。

● 現在、ArtStickerにてチケット機能を導入したいイベント運営者様を募集中です。

 お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

 → toi@t-c-m.art

アーティスト支援プラットフォーム「ArtSticker」(https://artsticker.app/)について

 株式会社The Chain Museumが開発。アーティストを直接支援することで新たなお金の流れを生み出し、アートをよりひらかれたものにすることを目指すプラットフォームです。著名アーティストから注目の若手アーティストの作品まで、幅広く収録。作品のジャンルも、インスタレーション、絵画、パフォーミングアーツなど、多岐にわたっています。

「ArtSticker」でできること

 国内外、様々なジャンルの作品と出会えて、くわしい情報も見られます。キーワードで検索して探すこともできます。

 金額に応じた色の「スティッカー」を好きな作品に貼ることで、アーティストを直接・気軽に支援できます。

 スティッカーをおくることで、感想をアーティストに直接伝えられます。あなたの感想に、アーティスト本人から返事が届くことも!?

 スティッカーをおくることで、さながら映画のエンドロールのように、作品にあなたの名前が残せます。

 あなたが名作の、最初の発見者になるかもしれません。

 スティッカーをおくることで、アートコレクターのようにコレクションを増やし・育てる楽しみも、あなたのものに。

 ※スティッカーのお金は、アーティストの作品写真をアプリ上で利用する対価、ArtStickerを運営するThe Chain Museumの手数料、作品にかかわるプロジェクト主催者等への寄附の合計額です。

 手数料は、ArtStickerの活動費として、様々なアーティストとの共同プロジェクトに役立てられます。

 また、作品によっては、プロジェクト主催者等への寄附を含まないものもあります。

ArtSticker(https://artsticker.app/)のダウンロードはこちらから

 ▼「ArtSticker」 iOS版

 App Store:

https://apps.apple.com/app/artsticker/id1446438049

 ▼「ArtSticker」 Android版

 Google Play:

https://play.google.com/store/apps/details?id=art.tcm.artsticker

株式会社The Chain Museumについて

 社名 :株式会社 The Chain Museum(読み:ザ・チェーンミュージアム)

 所在地 :東京都目黒区中目黒一丁目10番23号

 代表者 :代表取締役社長 遠山 正道

 資本金 :1億4260万円(資本準備金含む)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ