オーラルケア意識調査 歯の悩み第1位は “歯の着色”

株式会社サンギ

 全国20 ~ 69 歳の男女 2,350 名 「悩みが解消されるなら、歯みがき剤にいくら払いますか?」

 美白高機能歯みがき剤「アパガード」をはじめとするオーラルケア商品を開発・発売する株式会社サンギは、全国の20~69歳の男女計2,350 名を対象に、オーラルケアに対する意識調査を実施いたしました。 現在抱える歯の悩み、普段使用しているオールケア用品やオーラルケア用品購入にかける1か月の費用について調査し、自社商品カテゴリーである“高機能・高価格帯” の歯みがき剤に対する受容度について明らかにしました。

歯の悩み

 何らかの歯の悩みがあると回答した人は、2,350名中で約78%の1,830名。その悩みとしては、1位:歯の着色、2位:食べ物が歯にはさまる、3位:歯並び(複数選択)という結果でした。

 普段使用しているオーラルケア用品について、ひと月に使用する平均金額は547円。全体の約85%が月1,000円以下と回答しています。それにもかかわらず、何らかの歯の悩みがある人に対し、自身の抱える歯の悩みが解消されるならば歯みがき剤1本にいくら払うかの質問には、平均1,029円と回答。2018年の歯みがき剤平均単価である340円の約3倍の金額を払うと回答しました。

1本の歯みがき剤に払う金額

 歯みがき剤の平均単価は毎年上昇しており、500円以上の歯みがき剤のシェアが近年拡大傾向です。 本調査では、 何らかの歯の悩みを持つ消費者にとっては、その解消のために、高価格帯の歯みがき剤の受容があることが確認できました。

■調査概要

 ・調査対象: 全国男女 2,350 名(20 ~ 69 歳)

 ・調査方法: インターネットによるアンケート回答方式

 ・調査実施: 2019年4月

 なお昨今、オーラルケア商品はパーソナルユースになり、歯みがき剤も家族それぞれが、むし歯予防、歯周病* 予防、美白など、個人の目的に合った商品を選択する傾向が高まり、より高機能化しています。但し、オーラルケア用品については、歯みがき剤と歯ブラシ以外の、歯間ブラシ、デンタルフロス、タフトブラシなどの補助的清掃用具の使用率は、まだ低いという現状です。

 *歯周病: 歯肉炎・歯周炎の総称

普段使用しているオーラルケア用品

 これからもサンギは、歯とお口の健康に関心が高まる情報を発信するとともに、独自のむし歯予防成分「薬用ハイドロキシアパタイト」を配合した歯みがき剤をはじめとする、歯の健康と美しさを守る商品の提案をしてまいります。

■オーラルケア啓発活動

 8月1日「歯が命」の日

 サンギが制定した記念日です。

 「健康的で美しい歯の大切さ」を伝えるため、毎年様々なイベントを開催しています。

 ◇歯が命の日特設 WEB サイト

 www.hagainochi.com

■啓発冊子

 サンギでは、オーラルケアの大切さを伝えるために啓発冊子を制作し、広く配布しております。

 ◇保護者向け冊子「みんなの保健ノート 丈夫な歯のお話」

 累計:74万部

 ◇小学生向け冊子「歯のふしぎ みんなみんな歯が命」

 累計:55万部

 ◇アパガードWEB キッズページ「歯のふしぎ」

 www.apagard.com/kidspage/

▼アパガードブランドサイト

https://www.apagard.com

■サンギ独自のむし歯予防成分「薬用ハイドロキシアパタイト」

 歯や骨の主成分ハイドロキシアパタイトを応用し、サンギが開発した独自のむし歯予防の薬用成分です。1993年に認可を受けました。現在では、美白歯みがき「アパガード」「アパデント」をはじめとした多くの歯みがき剤に配合されています。(詳細 https://www.sangi-co.com/apatite/mhap/index.html

▼動画「歯にもミネラル補給:薬用ハイドロキシアパタイト」(2分11秒)

 ※サンギの歯みがき剤は全て医薬部外品、薬用歯みがきです。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ