「開催告知」ここから展4 国立新美術館

文化庁

 2019年12月4日(水)~ 12月8日(日) 国立新美術館(東京・六本木) 1階展示室1A 入場無料

 この度、文化庁では、「ここから4」展を国立新美術館にて12月4日(水)~12月8日まで開催することとなりました。>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>ここから4-障害・表現・共生を考える5日間First steps on disability,expression and co-existence 2019年12月4日(水)~12月8日(日)国立新美術館(東京・六本木) 1階展示室1A 入場無料https://www.kokokara-ten.jp/>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>本展は,障害のある方たちが制作した魅力ある作品だけでなく,様々な障害・障壁への気づきをうなが すマンガ・アニメーション作品や体験型のメディアアート作品などを紹介する展覧会です。多様な美術作品 が共存する空間を通じて「表現が持つ根源的なよろこび」を感じ,共生社会や文化の多様性について関 心や理解を深める機会とします。また,多彩な鑑賞サポートにより,あらゆる人にとって美術館がひらかれることを目指します。

 2016年秋の「スポーツ・文化・ワールド・フォーラム」にあわせて開催した,障害者のアートやスポーツ 義足などのデザインに関する展覧会,それが「ここから」展の始まりでした。それ以来,共生社会や文化 の多様性について関心を深めることを目標として毎年開催し,今回が「ここから4」となります。 本展では,障害のある方たちが制作した「表現の持つ根源的なよろこび」が感じられる作品に加え, 障害・障壁への気づきをうながすマンガ・アニメーションや,身体感覚を際立たせる映像・メディアアートな ども紹介します。また,鑑賞支援の取り組みを進めることで,より多くの人に「ひらかれた」展覧会とします。

 展覧会内容:障害の有無にかかわらず選ばれた約20組の作家が出展します。アート,デザイン, マンガ,アニメーションといった多様な分野にわたる作品を,1 「いきる‐共に」、2 「ふれる‐世界と」、3 「つながる‐記憶と」、4 「あつまる‐みんなが」、5 「ひろげる‐可能性を」の5つのキーワードを通じて紹介します。

 詳細は添付の「リリース」と「広報画像申請書」をご覧ください。

 広報画像を希望される方は、添付の「広報画像 申請書」に必要事項を記入の上、広報事務局までご連絡ください。追って画像を添付でお送りします。

 以下、参加作家の作品より抜粋

萩尾望都《半神》1984年 (C)HAGIO moto/shogakukan

和田淳《マイ エクササイズ》2017年~2019年 (C)Atsushi Wada, New Deer

マスカラ・コントラ・マスカラ《覆面とロック (レコジャケシリーズ) 》2016年~2017年

本多達也《Ontenna (オンテナ) 》2019年 Innovated by FUJITSU

佐々木華枝 《ヘリコプター》

鵜飼結一朗《妖怪》2019年

 【本件に関するお問合せ先】

 広報事務局[N&A内]

 電話:03-6261-5784 メールアドレス:kokokara-ten@nanjo.com FAX:03-6369-3596

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ