女子大生プロ誕生!大手前大学 ゴルフ部 安田祐香選手が2019年度LPGA最終プロテストに合格

大手前大学

 大手前大学 (本部:兵庫県西宮市、理事長:福井要、学長:鳥越皓之、以下本学) ゴルフ部に所属する安田祐香選手が、JFE瀬戸内ゴルフ倶楽部で11月5日(火)より4日間開催された2019年度LPGA最終プロテストで4位タイで合格しました。新たな女子大生プロの誕生です。

 安田選手は7歳からゴルフをはじめ、小学3年生のときに数多くのトッププロを輩出してきた坂田ジュニアゴルフ塾に入門しました。2017年には「日本女子アマ」を16歳で制し、最新の世界女子アマランクでは1位を獲得。2019年4月に本学の現代社会学部に入学してからも、 “女子版マスターズ”と言われる「第1回オーガスタ・ナショナル女子アマチュア」に日本人で唯一出場し3位になり、「アジアパシフィック女子アマチュア選手権」では優勝を収めるなど輝かしい結果を残してきました。

 今回出場した2019年度LPGA最終プロテストは、4日間72ホールストロークプレーで行われました。100名の選手が参加し、競技終了時点で上位20位タイまでに入れば合格です。従来は、日本女子プロゴルフ協会非会員でもツアー予選会の受験が可能でしたが、来季から会員しか出場資格を得られなくなるため、レギュラーツアーに参加している選手も本プロテストに参加したことで、ハイレベルな戦いとなりました。

 安田選手は1次、2次を免除され、今回開催された最終テストから臨みました。初日から8位タイと好調で、2日目は3位タイ、3日目は4位で、最終日トータルー5アンダーの4位タイで見事合格しました。今回の合格によって、2020年1月1日(水)に一般社団法人 日本女子プロゴルフ協会に入会し、プロゴルファーとなります。

■大手前大学 ゴルフ部

 坂田塾 塾長の坂田信弘プロが総監督を務める本学ゴルフ部は、2008年に創部しました。

 2019年現在は、22名(男女各11名)が所属しています。

 女子ゴルフ部は、2009年の「第32回全国女子大学ゴルフ対抗戦」で全国大会初優勝を飾り、2012年の同大会も

 制覇。2015年の「第16回信夫杯争奪日本女子大学対抗戦」や翌16年の「第39回全国女子大学ゴルフ対抗戦」も

 制するなど、4度の全国制覇を誇る強豪校として名を連ねています。

 男子ゴルフ部も2017年の「第54回全国大学対抗戦」で創部以来最高となる4位に入賞し、同大会の個人戦では、

 最優秀選手を獲得するなど、実力を高めています。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ