「kintone AWARD 2019」グランプリ決定

サイボウズ株式会社

 ~ 6次産業 × kintoneで叶えるチームワーク~

 サイボウズ株式会社は2019年11月7日(木)に開催した「kintone AWARD 2019」にて、業務改善プラットフォームkintone(キントーン)によって最もインパクトのある業務改善を実現した企業として、株式会社ゆうぼく(所在:愛媛県西予市 代表取締役社長:岡崎 晋也)がグランプリに決定したことを発表いたします。kintoneを活用することで、従業員と「牛」の幸せを考えた経営判断ができるようになりました。

■kintone AWARDとは

 kintoneは、有償契約数が13,000社を超え、毎月300~400社のペースで導入が増え続けています。そのkintoneを活用した業務改善ノウハウをユーザー同士で共有しあう交流型イベントとして、今年は東京・大阪・名古屋・福岡・仙台・松山にて「kintone hive(キントーンハイブ)」を開催しました。「kintone AWARD」はその集大成として、各地のkintone hiveの優勝企業がファイナリストとなり、最も素晴らしい活用方法の企業を表彰するイベントです。

■ファイナリスト一覧

 1.中部地区代表:ジヤトコ株式会社 様

https://ascii.jp/elem/000/001/838/1838699/

 700社のサプライヤーからの情報収集や集約業務の工数を大幅削減

 2.北海道・東北地区代表:株式会社イエムラ 様

https://ascii.jp/elem/000/001/848/1848580/

 1人の努力だけでは解決できない問題を、kintoneを活用してみんなで解決

 3. 九州・沖縄地区:株式会社お掃除でつくるやさしい未来 様

https://ascii.jp/elem/000/001/884/1884937/

 スタッフとお客さまをkintoneでつなぎ、スタッフのモチベーションアップに

 4.関西地区代表:医療法人清水会 京都リハビリテーション病院 様

https://ascii.jp/elem/000/001/923/1923636/

 地域医療連携のコミュニケ-ションをkintoneで促進し、業務効率化に成功

 5.中国・四国地区代表:株式会社ゆうぼく 様(グランプリ)

https://ascii.jp/elem/000/001/916/1916528/

 業種の壁を飛び越え、従業員同士が切磋琢磨できる情報共有基盤を整備[恵良1]

 6.関東地区代表:アソビュー株式会社 様

https://ascii.jp/elem/000/001/938/1938395/

 使われなくなったkintoneが、目的にこだわって3つのポイントを実行することで復活

 後日、ファイナリストの発表内容を以下のサイトで公開いたします。

https://kintone.cybozu.co.jp/jp/event/hive/award.html

■グランプリ 株式会社ゆうぼく 岡崎 晋也 様よりコメント

 みんなで取り組んでいることが認められて、とても嬉しいです。kintoneを使い始めてから、日々浮き上がる課題は、データをもとに解決できるようになりました。今後は、監視カメラのデータをkintoneに集約し、牛の健康状態をより細かく分析して、問題を事前に予防できる仕組みを作りたいと思っています。

■kintoneとは

 製品サイト:https://kintone.cybozu.co.jp/

 サイボウズ株式会社が提供する、業務アプリ開発プラットフォームです。営業の案件管理、お客様からの問い合わせ履歴やクレーム対応の管理、プロジェクトの進捗やタスク管理、従業員の業務日報など、お客様の用途に合わせた業務アプリの作成が可能です。アプリケーションはノンプログラミングで開発できます。また、社内SNSのようなコミュニケーション機能を活用することでスピーディな情報共有が可能になり、業務効率化を実現します。

 ※記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。また、当社製品には他社の著作物が含まれていることがあります。個別の商標・著作物に関する注記については、下記をご参照下さい。

https://cybozu.co.jp/logotypes/other-trademark/

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ