AfterShokz「Aeropex」、2020年度VGPの骨伝導ヘッドホンカテゴリで金賞を受賞

Aftershokz

2019年11月8日、日本・東京 - 独自のオープンイヤーデザインの骨伝導ヘッドホンを開発するAfterShokzは本日、 7月末に日本市場向けに投入したBluetooth接続の骨伝導ヘッドホン「Aeropex」が、日本最大級のオーディオビジュアルアワードVGP 2020「骨伝導ヘッドホン」部門において、金賞を受賞したことをお知らせします。

 併せまして、8月に投入いたしました骨伝導オーディオプレーヤー「Xtrainerz」も、ポータブルミュージックプレーヤー(2万円未満)の部門において受賞をいたしました。

 両製品ともに弊社の2019年の主力製品でございますが、双方とも受賞ができたのは、これまで弊社が独自に培ってきた骨伝導技術が実を結び、これまでの骨伝導ヘッドホンの常識を超えた音質を実現したとし、高く評価されたものだと自負しております。

 Aeropexは鼓膜を迂回して内耳に音を伝達する、骨伝導技術を利用した最新のスポーツヘッドホンです。振動ユニットが顔面に対し30度チルトした構造を採用することにより、従来モデル「Trekz Air」から30%の小型化と13%の軽量化を達成し、低音を増強しながらも振動の軽減を実現しました。また、Leakslayerホールを削除し、音漏れを50%改善しています。

 また、低音を増強させるPremiumPitch 2+技術、Qualcomm最新チップ3024の採用による8時間のバッテリ駆動、IP67準拠の防水機能、周囲の音を聴きながら音楽を楽しむことのできるOpenFitデザインといった業界最先端の技術・機能・デザインが盛り込まれています。

 XtrainerzはIP68防水規格に準拠し、4GBのストレージ、およびMP3プレーヤー機能を統合したモデルです。スマートフォンとペアリングする必要がなく、内蔵ストレージに約1,200曲を保存しておくことができ、スイミングをしながらでも音楽を楽しむことができます。なお、対応するオーディオフォーマットは、MP3、WAV、AAC、WMA、FLACです。

 一般的なスイミング向けヘッドホンは、防水のためにイヤーピースを耳の奥に深く挿し込む必要があり、痛みや感染症を引き起こす原因となりました。Xtrainerzは耳の穴に挿し込む必要がなく、お好みの耳栓と併用することもできます。また、水泳専用のイコライザーモードを備え、水中においても豊かな低音と音量を実現します。

 AeropexおよびXtrainerzは現在、Amazon.co.jpや楽天のAfterShokz直販のほか、Yahoo!ショッピング、東急ハンズ、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、ロフト(50音順)などの各店舗で購入できます。税別希望小売価格はAeropexが18,180円、Xtrainerzが17,880円です。

AfterShokzについて

 AfterShokzは、Voxtech社が所有する軍事及び警察用に設計された骨伝導ヘッドホンの特許技術を、一般消費者の手に届くリーズナブルな価格帯の製品に導入するために設立されました。独自のオーディオ技術スイートと完全なオープンイヤーデザインにより、ユーザーに最高の音質体験と安全性の両方をもたらします。AfterShokzは2011年の創業以来、利用者の安全性確保を最優先とした製品開発を念頭におき、常にイノベーティブ・デザインを続けています。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ