はるやまが身近にできるエコ活動を推進!プラスチック素材のショッピングバッグを廃止し紙製化~「はるやま」店舗にて環境配慮の新素材を使用した「Bio LIMEX Bag」採用~

株式会社はるやまホールディングス

 はるやま商事株式会社(本社:岡山県岡山市、代表取締役社長 伊藤 卓)は、世界的な問題となっているプラスチックゴミ問題への取り組みの一環として、展開するブランド「はるやま」「PerfectSuitFActory(以下、P.S.FAと言います。)」「フォーエル」店舗(2019年10月末時点 はるやま251店舗、P.S.FA100店舗、フォーエル106店舗)にて使用しているプラスチックを原料としたショッピングバッグを廃止し、紙製のショッピングバッグへ2019年12月中旬頃より順次切り替えて参ります。

 ※2019年12月中旬より切り替える新・紙製ショッピングバッグイメージ

 また、「はるやま」の店舗では、石灰石を主原料とし、水や森林、石油由来原料の使用量を抑えて紙・プラスチック代替となる新素材「LIMEX(ライメックス)」を開発する株式会社TBM(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:山崎敦義 以下TBMと言います。)と提携をし、主原料の石灰石と植物由来樹脂を使用した「Bio LIMEX Bag(バイオ ライメックス バッグ)」の使用を同時に予定しています。当社としても初の試みとなり、今後は使用感やお客様のお声をもとに、ショッピングバッグを「Bio LIMEX Bag」に移行すること視野に入れ、プラスチック使用の削減に関する取り組みを推進していきたいと思っています。さらに、2020年1月中旬ころより、ショッピングバッグの使用枚数の減少を推進する目的でショッピングバッグを有料化いたします。

■プラスチック製ショッピングバッグを廃止、紙製袋への切り替え

 このたび2019年12月中旬頃より、当社が展開する「はるやま」「P.S.FA」「フォーエル」店舗にて配布するショッピングバッグを、プラスチック製から環境配慮型の紙製化ショッピングバッグに順次切り替えて参ります。さらにショッピングバッグ全体の使用枚数の削減を目的として2020年1月中旬頃より、お買い物時のショッピングバッグの無料配布を廃止し、有料化(1枚につき20円)いたします。

■紳士服業界初※「Bio LIMEX Bag」導入開始!普段のお買物で気軽にエコ活動!

 TBMが開発した「Bio LIMEX Bag」は、主原料の石灰石と植物由来樹脂で作られており、素材として石油由来樹脂を100%使用していません。石油・水・森林資源の保全やCO2排出の削減に貢献できる高い環境性能に加えて、柔軟性があり、手触りや見た目は従来のショッピングバッグと同等であるため、普段のお買物がエコ活動に繋がります。

 このたびのショッピングバッグの紙製化や、「Bio LIMEX Bag」の採用、2019年4月より発売しているプラスチック削減を目的としたプラスチック包装資材を不使用の紙パッケージと、ペットボトルを再資源化した再生ポリエステル100%のドレスシャツ「ECO i-Shirt(エコアイシャツ)」の開発を通して、今後も環境を配慮した取り組みを推進して参ります。

 ※TBMが開発した「Bio LIMEX Bag」の導入は、紳士服業界では当社が初めてとなります。(TBM調べ)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ