間宮祥太郎さんが敏感肌のシェービングの悩みを体現

シック・ジャパン(株) (Schick Japan K.K.)

 シック・ジャパン 新CMスタート 2019年11月8日より全国放送開始

 ウェットシェービング国内トップシェア※1を誇るシック・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:村野 一)は、「シック ハイドロ 5 カスタム コンフォート」の新CMを、2019年11月8日(金)から全国放送を開始します。

 「シック ハイドロ 5 カスタム コンフォート」は、肌にやさしい刃圧を分散する5枚刃“敏感肌”用※2カミソリです。新CMは、間宮祥太郎(まみやしょうたろう)さんが“敏感肌”用※2「シック ハイドロ 5 カスタム コンフォート」を使用し、肌にやさしく快適な剃り心地を実感、体現していただきます。

間宮祥太郎さんが敏感肌のシェービングの悩みを体現。敏感肌用のカミソリを紹介

 シック・ジャパン調べ※3では、シェービングをする男性の約50%が自分の肌を敏感肌と感じている、一方で、“敏感肌”用※2カミソリがあることを知らない方が約70%いることがわかりました。しっかり剃るためにカミソリを押し付けすぎることが、敏感肌には負担と感じていることから、 “敏感肌”用※2『ハイドロ5カスタム コンフォート』が肌への圧力を分散する、敏感肌にやさしく快適な使用感のカミソリであることの認知拡大を図ります。

 CMには、勢いのある若手実力派俳優の間宮祥太郎さんを起用。“敏感肌”用※2『ハイドロ5カスタム コンフォート』を使用することにより、肌にやさしく快適な剃り心地で、敏感肌のシェービングの悩みから解放され自信に満ちた表現を表情豊かに表現していただきました。また、特に10代後半から20代の髭剃りのエントリー層に向け、テンポ良く軽快なリズムでキャッチ-なCMに仕上げています。

 ※1.インテージSRI調べ 2016年7月‐2018年6月 ウェットシェービング市場(カミソリ・シェービング剤市場の計)金額・数量シェア

 ※2 皮膚学的な皮膚刺激テスト済み(全ての人に刺激がおきないというわけではありません)

 ※3 シック調べ:2019年6月、18-59歳の男性748名を対象とした「敏感肌シェービング商品に関するアンケート調査」を実施

シック・ジャパン TVCM ハイドロカスタム コンフォート敏感肌」篇≫

【ストーリー】

 間宮祥太郎さんが登場し、シェービングフォームを付けた顔にサボテンやパイナップル、ハリネズミを手に取りながら、敏感肌用のシェービングの仕方について悩んでいます。最終的に、顔に押し付けても圧力を分散させるカミソリ、「シック ハイドロ5 カスタム コンフォート」を手に取ります。肌を守るスキンガードもついているため、頬から顎にかけてヒゲを剃ります。キレイにヒゲを剃った自分の頬を触りながら「シック ハイドロ5 カスタム コンフォート」と締めくくります。

【シック・ジャパン TVCM 「敏感肌」篇】

【間宮祥太郎(まみや しょうたろう)さん プロフィール】

 俳優。1993年6月11日生まれ、神奈川県出身。 O型。

 2008年にドラマ「スクラップ・ティーチャー」で俳優デビュー。主な出演作は、映画「ライチ☆光クラブ」「黒い暴動」「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」「高台家の人々」(2016年)、「帝一の國」「お前はまだグンマを知らない」「トリガール!」「全員死刑」(2017年)、ドラマ「弱くても勝てます」(2014年)、「学校のカイダン (2015年)、「ニーチェ先生」(2016年)、「僕たちがやりました」(2017年)、舞台「ナイスガイ in ニューヨーク」(2016年)など。

 テレビ東京木曜24ドラマ「僕はどこから」 20年1月期OA

 KADOKAWA配給映画「殺さない彼と死なない彼女」 19年11月公開

【CM制作スタッフ】

 ディレクター:山本 和弘 EPOCH

 カメラ  :内川 聡 フリー

【商品概要】

 ※2 皮膚学的な皮膚刺激テスト済み(全ての人に刺激がおきないというわけではありません)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ