この世に生を受けること、出逢うこと。10匹の猫たちと過ごした日々に、縁の意味を感じるファンタスティックな実話『ねこ物語』が本になりました。

株式会社パレード

 パレードブックスは、2019年10月10日(木)に『実話・ファンタスティック ねこ物語』(著者:そよかぜ)を全国の書店にて発売いたします。

 個性溢れる性格や行動、それぞれのニャン生のねこ模様は、まるで人間模様。それは“生あるものの真の幸せは何処にあるのか”を考えさせられます。この世に生を受けることや出逢いの必然性と価値、子孫繁栄、そして命を全うすること、10匹のねこたちの生き方から、自分の存在価値を見出してください。

 表紙デザインは、人間と猫の足跡が人生とニャン生が交差する、レトロな雰囲気に仕上げました。そして、著者のこだわりは、奇遇にも人生の何分の一かを共に過ごした、ねこたちの写真です。

 本文は、運命的に、そして奇跡的に出逢ったねこたちとの日々、「この世にはあり得ない」と思われる不可思議な現象や体験が綴られています。

 スーパーの前でお買い物をおとなしく待つミーミ、えさは食べず自給自足で狩りに行くサム、タマの恋心の強さ、チャチャ丸とガッチとマメの三角関係、個性の強いねこたちの物語は、生に溢れています。

 揺らぐことのない本能のなかにありながら、生きるために順応し、愛することをちゃんと知っている、ねこたちの生きる力を感じてください。

 この物語を通じて、「それぞれが生を受ける価値は必ずある」という「自身の存在価値」に気づき、少しでも有意義な人生につなげるヒントが見つかれば幸いです。

 著者プロフィール

 著者:そよかぜ

 原作:岡田瑠美(東京小豆島会会員・東京小豆島中央高校同窓会理事・石川県在住)

 昭和21年、終戦の翌年に戦後っ子一号として、香川県小豆郡内海町(現在の小豆島町)安田に生まれる。

 高校まで小豆島で育つ。

 最終学歴:武蔵野音楽大学音楽学部 声楽学科卒業。

 職歴:東京都板橋区立小学校音楽専科教諭(在籍37年)。

 平成29年、壺井栄没後50周年の折に「二十四の瞳」を朗読劇としてシナリオ制作・出版、舞台劇として演出。

 ふるさと小豆島は瀬戸内海国立公園に所属し、日本三大島の一つである。

 日本三大渓谷美・寒霞渓を有し、本州側から四国側まで見渡せる大パノラマは、多くの観光客を惹き付けている。

 八十八か所のお遍路巡りや日本で唯一オリーブの採れる島としても有名である。

 映画「二十四の瞳」でも有名な日本を代表する文豪、壺井栄を生んだ小豆島、そんな島で生まれたことを誇りにしている。

 書籍情報

 書籍:『実話・ファンタスティック ねこ物語 ねこ模様で人間模様を学んだ』

 著者:そよかぜ

 出版社:パレード

 発売日:2019年10月10日

 ISBN: 978-4-434-26538-9

 仕様:A5判/並製/138ページ

 価格:1,200円+税

 amazon:https://amzn.to/2kUAAby

 Parade Books:https://books.parade.co.jp/category/genre02/978-4-434-26583-9.html

 パレードブックスについて

 母体である株式会社パレードはデザイン制作会社。プロの技術と知識により、優れたデザインと高い品質であなたの本づくり&出版をトータルサポートします。

 パレードブックスの自費出版

 URL:https://www.p-press.jp

 TEL:0120-123455

 Mail:paradebooks@parade.co.jp

 パレードブックスの書籍紹介

 URL:https://books.parade.co.jp

 【会社概要】

 商号:株式会社パレード

 大阪本社:大阪府大阪市北区天満2-7-12

 東京支社:東京都渋谷区千駄ヶ谷2-10-7

 代表取締役:原田直紀

 設立:1987年10月20日

 資本金:4000万円

 事業内容:広告企画・アートディレクション、グラフィックデザイン全般、Webサイト企画・制作、出版事業『パレードブックス』

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ