現代女性の多くが、スキンケアに「効果と効率」を求めている事が判明

花王株式会社(花王MKニュース)

 <30-40代女性の生活&肌に関する意識調査>

 花王株式会社では、社会進出が進み、疲れやストレスなど過酷な環境下でも、仕事や家事、趣味や子育て等、多くの要素を抱えながら前向きに頑張っている女性たちの生活・肌意識を把握する為、30-40代女性5,493名を対象に、「生活&肌に関する意識調査」を実施しました。

【調査結果サマリー】

1.30ー40代女性の多くは、自分の為に使える時間が少なく、疲れが肌に出やすい。

 2.疲れが肌に出やすく、自分の為に使える時間が少ない女性達は

 「マルチタスク」な傾向。睡眠時間も少なく、疲れをほぼ毎日感じている人は半数以上。

 3.マルチタスクな現代女性は、肌不調の発生頻度が増加。また、1ヵ月間に感じる肌不調の種類も5.5種と多い。

4.マルチタスクな現代女性の多くは、スキンケアに「効果と効率」を求めている。

【調査概要】

 調査時期:2019年4月/2019年8月

 調査方法:インターネット調査

 調査対象:スクリーニング調査 …30-40代の女性5,493人

  本調査   …30-40代女性で、ストレスや疲れが肌に出やすく自由時間が少ない618人

【調査結果】

1.30ー40代女性の多くは、自分の為に使える時間が少なく、疲れが肌に出やすい。

 現代女性のライフスタイルは多様化し、日々忙しく過ごす女性が増えてきています。30-40代の女性5,493人に、「ストレスや疲れが肌に現れることがあるか」を尋ねると、77%の方が「よくある」「たまにある」と答えています。(図1)また、最近1ヵ月の平日において、「自分の為に使える自由時間がどのくらいあったか」を尋ねると、30-40代の47%が「2時間未満」と答えています。(図2)

2.疲れが肌に出やすく、自分の為に使える時間が少ない女性達は「マルチタスク」な傾向。睡眠時間も少なく、疲れをほぼ毎日感じている人は半数以上。

 疲れが肌に出やすく、自分の為に使える時間が少ない女性たちに、自由時間が少なくなってしまう理由を聞いてみると、「家事」・「子育て」・「仕事」・「介護」などが挙がり、1人あたり平均で約2.5個のタスクを担っていることが分かりました。(図3)

 この様なマルチタスクな現代女性=「マルチタスクウーマン(MTW)」に、最近1ヵ月の平日の睡眠時間について尋ねると、57%が「6時間未満」と答えています(図4-1)。また、疲れを感じる頻度について尋ねると、75%が「1週間のうち5日以上」と答えています(図4-2)。

3.マルチタスクな現代女性は、肌不調の発生頻度が増加。また、1ヵ月間に感じる肌不調の種類も5.5種と多い。

 肌の不調について、「以前より感じる頻度が増えているか、変わらないか」を尋ねたところ、

 マルチタスクウーマンは、「肌の不調を感じる頻度が以前より増えている」と答えた方が84%を占めました。(図5-1)

 また、肌不調の種類について、1ヵ月に感じた数を聞いたところ、マルチタスクウーマンは、

 1ヵ月で5.5種類と、そうでない方に比べて平均して約2種類多く、感じる肌不調の種類も多いことが分かりました。(図5-2)

 ※ここでの肌不調とは、ニキビ・乾燥・くま・毛穴などのことを指します。

 また、各々の1番よく起こる肌不調について、「どの様な時に、その肌不調が起こりやすいか」を尋ねてみると、主な原因として「疲れを感じたとき」・「ストレスを感じたとき」・「寝不足のとき」が挙がり、そうでない方と比較し、明らかに多い事が分かりました。(図5-3)

4.マルチタスクな現代女性の多くは、スキンケアに「効果と効率」を求めている。

 マルチタスクウーマンに、「スキンケア製品を使いはじめてから、何日で効果を実感したいか」を尋ねたところ、「1日」と答えた方が5%、「3日以内」が23%、「1週間以内」と答えた方が40%となりました。(図6)

 「1週間以内」にスキンケア効果を実感したい方の合計が68%を占めている事からも、マルチタスクウーマンの多くは、「スキンケアの効果実感を短期間で求めている」=「スキンケアに効果と効率を求めている」ことがうかがえます。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ