Liberaware、第三者割当増資による資金調達を実施

株式会社Liberaware
産業用小型ドローンIBISの次世代機開発及びデータプロバイダ事業を加速

 狭小空間の点検・警備・計測を行う産業用小型ドローンIBIS(アイビス)を開発する株式会社Liberaware(所在地:千葉県千葉市、代表取締役 CEO:閔弘圭)は、2019年9月に、NECキャピタルソリューション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:今関 智雄)と株式会社ベンチャーラボインベストメント(本社:東京都中央区、代表取締役 山中 唯義)が運営する価値共創ベンチャー2号有限責任事業組合(以下「価値共創ベンチャーファンド」)を引受先として、第三者割当有償増資を行い、資金調達を実施しましたことをお知らせいたします。

【本資金調達の目的】

 2019年4月のサービスリリース後、好評いただいている「設備点検型IBIS」のさらなる機能向上と、自律飛行による「自動パトロール型IBIS」の実用化に向けた開発に充当いたします。
また、設備点検や計測といった業務をより効率化するために、IBISが撮影した映像を3Dや点群、オルソ画像等に編集・加工する「データプロバイダ事業」の強化にも活用いたします。
これらの事業を通じ、より多くの企業の生産性向上の支援を図って参ります。

 【出資者からのコメント】

【NECキャピタルソリューション株式会社 ベンチャーファンド部長 國枝 和雄 氏】

 今般、弊社が運用する価値共創ベンチャーファンドは、ドローンの応用範囲を屋外から屋内、さらには狭小空間へ拡大することを狙ったLiberaware社の取り組みに期待し、投資を決定しました。
特に、粉塵の舞う狭小空間でも安定した飛行制御を実現している点、取得データを精密に標定するためのオルソ化技術に取り組まれている点は、ドローンを産業グレードで展開するための先進的技術となっており、今後、幅広い産業シーンへのソリューション提供されることに期待しています。

【産業用小型ドローンIBIS(設備点検型)の概要】

 煙突の中や配管内、ボイラー内部、屋根裏といった人が進入することのできない、もしくは進入すると危険な場所の点検や計測に活用されています。
 特に足場の設置が必要な現場などでは、安全面・時間面・費用面において大きなメリットを生み出します。
 今後は、橋梁やエレベーターの内部、大型船舶のバラストタンクやカーゴホールドの内部等の新たなフィールドでの活用も開拓していきます。

【株式会社Liberawareについて】

 Liberawareという社名は、ラテン語で「自由な」を意味する“libera”と、「気がつく」を意味する“aware”、そしてhardwareやsoftwareの“ware”を組み合わせたものです。「正しく作る、自由に動かす、社会を変える」をモットーにして、自由な発想でモノづくりに取り組むエンジニア集団です。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ