【まちだ〇ごと大作戦18-20】昨年3,000人が来場!「Machida Light Up 2019」開催

まちだ〇ごと大作戦実行委員会
「灯り」がテーマの市内の企業・クリエイターによるイベント

 町田商工会議所工業部会は、「灯り」をテーマにしたイベント『Machida Light Up 2019』を、9月14日(土)・15日(日)に、町田駅前ペデストリアンデッキ下で開催します。

町田商工会議所工業部会公認キャラクター「ネジ甚八」

 このイベントは、小田急線町田駅とJR横浜線町田駅を結ぶペデストリアンデッキ1階を人であふれる通りになるようにしていきたいという想いで開催し、昨年は約3,000人の来場がありました。今回は、ラグビーワールドカップ2019の大会開催地である東京都、ナミビアのキャンプ地である町田市から大会の機運を醸成する共に、町田市のスポーツPRを兼ねた企画です。市内の企業やクリエイターが参加し、ラグビーの楽しみ方を知る3DホログラムやASVペスカドーラ町田をモチーフにしたトリックアートの展示などを行います。

 Machida Light Up 2019開催概要

 ♦日時
9月14日(土)午後 1時~6時
9月15日(日)午前11時~午後6時 ※雨天決行

 ♦会場
小田急線駅町田駅・JR横浜線町田駅連絡通路下(ペデストリアンデッキ下道路側)

 ♦内容
(1)3Dホログラム「ラグビーの正しい楽しみ方」
暗幕テント内にて3Dホログラム技術を活用し、360度どの角度からも立体的な映像でラグビーのルールや楽しみ方を見ていただきます。

昨年の3Dホログラムイメージ

 (2)3Dトリックアート「ASVペスカドーラ町田」ver
町田市を本拠地として活動している、FリーグのASVペスカドーラ町田をモチーフにした3Dトリックアートを展示します。

昨年の3Dトリックアートイメージ

 (3)ワークショップ「ひかる御守りを作ろう!」(9月15日(日)のみ)
LEDと組紐を使って「ひかる御守り」を制作することができます。

 (4)みんながHERO!!「ヒーローインタビュー体験コーナー」
テレビ等で見る「ヒーローインタビュー」を体験。日頃、自分が頑張っていることをお立ち台の上でお客さんにインタビュー形式でPRしよう。

 (5)竹灯篭の展示
あいはらにぎわい創生プロジェクトの協力で、?灯篭を展示します。

 (6)VRアプリを体験しよう!
ゴーグルまたはタブレットを使ってヴァーチャルリアリティ体験できます。

 まちだ〇ごと大作戦18-20

 町田市では、2018年の市制60周年から、東京2020オリンピック・パラリンピックへと続く3ヵ年を、市民と共にまちの魅力や活力を高めていく未来を見据えた3年と捉え、市民が参画することを通じて、自らの地域への愛着や誇りを育むことを目指し、2018年1月から2020年12月まで、まちだ〇ごと大作戦18-20を実施しています。
まちだ〇ごと大作戦は、町田商工会議所や町田市町内会・自治会連合会等、25団体で構成されるオール町田体制の「まちだ○ごと大作戦実行委員会」で推進しています。
コンセプトは、「人と人、人と地域団体との新しいつながりから市民や地域団体の考える夢をみんなでカタチにし、次世代へのレガシーを創りあげる交流感動都市まちだへ」です。
市民、地域団体、企業などから、自ら「やってみたい夢」の実現に向けた提案・アイデアの募集を行っています。

 公式ツイッターアカウント:daisakusen18_20

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ