書籍「アフターデジタル - オフラインのない時代に生き残る」に経済産業大臣 世耕弘成氏より推薦コメントを頂戴しました

 株式会社ビービット
株式会社ビービット(本社:東京都千代田区、代表取締役:遠藤直紀)の東アジア営業責任者 藤井保文とIT批評家 尾原和啓共著の書籍「アフターデジタル - オフラインのない時代に生き残る」に経済産業大臣 世耕弘成氏よりご推薦頂きました。

 2019年3月25日の発売以来、各方面から様々な反響を頂き、第7刷が決まったばかりの書籍「アフターデジタル – オフラインのない時代に生き残る」に、この度、経済産業大臣の世耕弘成氏が書籍をお読み下さったことをきっかけに、世耕大臣の発案で立ち上げられた経済産業省主催「新たなコンビニのあり方検討会」の委員に主著者の藤井を選出頂き、書籍への推薦コメントも頂戴致しました。

 ・経済産業大臣 世耕弘成氏コメント

 ~デジタル化の真の意味とは何か?
世界で何が起こっているのか?
現実世界の行動をリアルタイムでデータ化できる明日の世界の常識を、鮮やかに描き出した一冊。

 日本が進めるべきデジタル化の「道しるべ」がここに。~

 ▼書籍「アフターデジタル – オフラインのない時代に生き残る」について
https://www.bebit.co.jp/about/book/article/afterdigital

 以上
---------------------------------------------------
■ビービットが提供するシーケンス分析クラウドUSERGRAM(ユーザグラム)について
https://www.bebit.co.jp/usergram/
「シーケンス分析クラウド USERGRAM(ユーザグラム)」は、ユーザ単位行動ログデータを時系列で可視化するクラウドサービスです。独自開発のAI機能が、担当者様の「数値の背景にある顧客の『状況』を詳細かつ直感的に読み解く」ことをサポート。従来高度な技術が必要であったデータ解析やマーケティング施策の企画立案を、専門外のスタッフでも簡単にできるようになります。ユーザグラムは、ユーザ中心で成果につながるデータドリブン・マーケティングを実現します。
---------------------------------------------------
■株式会社ビービット https://www.bebit.co.jp/
設立 : 2000年3月
代表者 : 代表取締役 遠藤直紀
事業内容 : ビービットは、「エクスペリエンスデザインを実践できる組織への変革」を支援する企業です。2000年の創業以来、開発を続けてきた「ユーザ中心の方法論」に基づき、企業のエクスペリエンス運用業務を支援する「エクスペリエンス設計支援コンサルティング」およびクラウドサービス「シーケンス分析クラウド USERGRAM」を提供しています。2012年に台北、2013年に上海にて海外現地法人を設立。
---------------------------------------------------

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ