ObEN、Huachuang(??)証券の「Little E」バーチャルアナリストアバターを発表

 ObEN, Inc.
大手証券会社、パーソナルAIをカスタマーサービスに利用するために最先端人工知能(AI)会社のアバターを活用する計画を発表

 米カリフォルニア州パサデナ(2019年6月13日)– デジタル空間でのコミュニケーションに革命を起こすパーソナルアーティフィシャルインテリジェンス技術(PAI)を開発している人工知能(AI)専門会社のObENは、「Little E」と名付けられた新しいバーチャルアバター金融アナリストの背後にある技術を提供するために中国の主要証券会社6社のうちの1社であるHuachuang証券と提携しました。

 ObENとHuachuangは「2019ビックデータエキスポ」でバーチャルアナリストをデビューさせました - 「Little E」アバターはまさに機械学習、AI、ビッグデータ、そして業界の知識の統合を実演したものであります。ObENの技術は非常に適応性と柔軟性があり、本物の人間に基づいて3Dスマートアバターを生成することができます。また、短い音声とほんの数個の画像データを使用して全く架空の人物、つまり新しいキャラクターを設計することもできます。 「Little E」の声、外観、そして動きは全てObENのフルスタックパーソナルAI(PAI)技術によって作られました。ObENは以前、中国のCCTV、韓国のSMエンターテインメント、およびMedstar研究機関などセレブのクライアントと協力して、エンターテインメント、コンテンツ、およびヘルスケア関連のユースケース用のPAIアバターを作成してきました。

 Huachangは、既存のチャットボットシステムを介して「Little E」に「頭脳」を提供しました。その後、ObENはそれを独自のAI駆動型アバター技術と統合しました。これにより、「Little E」は実際に顧客と話すことができ、人間の同僚が直接行うのと同じように顧客とコミュニケーションをとり、市場情報とポリシーおよび業界の最新情報を顧客に提供することができるようになりました。彼のボディアニメーションだけでなく「Little E」の音声や表情もObEN独自のパーソナルAI技術を使用して生成され、非常にリアルでインタラクティブで完全に自動化されたサービスを提供します。これは新しくデジタルによって高度に効率化された顧客体験サービスの第一歩の踏み出しでもあります。

 ObENのPAI技術より、業界はスマートアバターを既存のインフラストラクチャに統合できるだけでなく、迅速なグローバル展開と容易なスケーラビリティの高いシステムの実現可能性を目にしました。音声変換を使用すると、話者の音声データをたった一つの言語で作成した場合でも、ObENのアバターは複数の言語を話すことができます。さらに、ObENはまた、クライアントからのデータ収集をほとんど必要とせず、代わりに既存の画像やビデオに頼る技術を開発しています。許可を得て使用する際には、クライアントのパーソナライズされたPAIの作成に必要なデータを抽出できます。これにより、企業はオン・ボーディングと運用コストを比較的低く抑えることができますし、バーチャルインフルエンサーとアバターを活用することができます。

 ObENのCEOであるNikhil Jain氏は次のように語っています。

 「バーチャルアシスタントは、信頼性が高く、効率的で、常に利用可能な情報および支援を提供するため、トップ企業からの非常に貴重なカスタマーサービスツールになりつつあります。当社の技術は、企業が実際の人との対話の経験をシミュレートするバーチャルアシスタントを作成することを可能にするだけでなく、本質的に彼ら自身のバーチャルアンバサダーとインフルエンサーを構築して彼らの専門知識を強調し、消費者とのより密接な関係を築くことを可能にします。 5Gはより優れたデータアクセスとこれまで以上に高速で複雑なソフトウェアの実行を可能にするため、バーチャルアシスタントはあらゆるビジネスに欠かせない要素となるでしょう。」

 バーチャルアシスタントやインフルエンサーは、サービス精神、小売、金融、エンタメなど、さまざまな業界で広く使用されています。今日の消費者はリアルタイムの24時間365日のサービスを期待する傾向があるため、企業は常に顧客と関わるための新しい方法を模索しています。 「Zion Market Research」によると、世界のスマートバーチャルアシスタント市場は、2025年に196億ドルに達し、2019年から2025年までの平均年間成長率は35.4%になるそうです。

 「2019ビックデータエキスポ」でのデモンストレーションが成功した後、ObENとHuachuangは「Little E」チャットボットの開発を続け、Huachuangのスタッフと役員に基づいてよりパーソナライズされたPAIアシスタントを作成するための議論を進める予定です。さらに、「Little E」は、「Chedudu International Innovation and Entrepreneurship Expo」や、この夏に開催された「MWC上海」に招待され、彼の知識を実演する予定です。

ObENとHuachuangが 「Little E」を 2019ビックデータエキスポで発表している。

「Little E」は、ObENのパーソナル人工知能(PAI)技術を使用して構築されたバーチャル金融アナリストアバターです。

 ObENについて

 ObENは、人工知能(AI)企業で、バーチャルおよびデジタル空間でのコミュニケーションに革命をもたらすパーソナルAI技術を開発しています。この技術により、PAI(パーソナル人工知能)と呼ばれるインテリジェントな3Dアバターを作成します。 Project PAIブロックチェーンに導入されたObENのパーソナルAI(PAI)技術により、ユーザーは安全な分散型プラットフォーム上で独自のPAIを作成、使用、および管理できます。 PAIは、モバイルアプリ、AR、VR、およびその他のさまざまなデジタルメディアに展開して、ゲーム、SNS、エンターテイメントなどの分野で非常にパーソナライズされた経験を提供できます。 PAIは、ObEN独自のPAIブロックチェーンのアプリであるPAIYOを含め、世界中で数億人に達するプロジェクトやコラボレーションで使用されてきました。 2014年に設立されたObENはソフトバンク・ベンチャーズ・コリアや、テンセント、HTC VIVE Xの投資先企業であり、カリフォルニア州パサデナを拠点としています。詳細についてはoben.comをご参考ください。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ