グリーがSAPアプリケーションのサポートをリミニストリートに切り替え、自社の事業方針に沿ったITロードマップを推進

 日本リミニストリート株式会社
国内モバイルインターネットサービス大手が、リミニストリートへの切り替えで高品質サポートを受けながら、節約できた保守予算でクラウド化と次世代セキュリティ環境を整備

 東京発、2019年6月13日 - エンタープライズソフトウェア製品を対象としたサポートサービスの世界的プロバイダーで、OracleおよびSAPソフトウェアの第三者保守サポートにおける業界リーダーで、Salesforceパートナーであるリミニストリート(Nasdaq: RMNI)は、日本のモバイルインターネットサービスを牽引するグリー株式会社(東京都港区)が、SAP ECC 6.0システムのサポートをリミニストリートに切り替えたことを発表しました。

 東京発、2019年6月13日 – エンタープライズソフトウェア製品を対象としたサポートサービスの世界的プロバイダーで、OracleおよびSAPソフトウェアの第三者保守サポートにおける業界リーダーで、Salesforceパートナーであるリミニストリート(Nasdaq: RMNI)※1は、日本のモバイルインターネットサービスを牽引するグリー株式会社(東京都港区)が、SAP ECC 6.0システムのサポートをリミニストリートに切り替えたことを発表しました。グリーは、6年近く使用しているSAPシステムが安定的に稼働している現状に満足していましたが、ECC6のメインストリームサポートの終了が2025年に予定されていることや、ERPを継続して使用する際に発生するベンダーの高額な運用費と管理費が課題となりました。また事業上、当面はシステムのアップデートの必要性も感じていなかったため、第三者保守サービスであるリミニストリートへの切り替えを決断しました。その結果、同社は現在の安定したSAPアプリケーションに対する高品質かつ迅速なサポートを契約成立後、少なくとも15年間にわたり受け続けられます。コスト面では、従来の年間サポート料金の50%削減がすぐに実現し、グリーはこの予算の一部で、今後のIT戦略の最優先事項のひとつであるクラウドサービスと次世代セキュリティ環境を導入することができました。

 ※1:https://www.riministreet.com/jp

 事業方針に沿ったITロードマップに向けて
グリーは、2013年より本社およびグループ会社の会計や人事でSAPの使用を開始しました。新システム導入時には、ERPの機能は海外拠点まで広く展開することに多くのメリットがあると認識していましたが、導入から時間が経過するにつれ、事業で提供される新機能の必要性が感じられなくなってきました。代替策を模索する中で、第三者保守を使えば、不要なアップデートの適用に費用や人員を充てずに現行のアプリケーションを維持できることを知り、リミニストリートとの面談をしながら検討を進めました。

 最終的に、リミニストリートへの切り替えによって、グリーはより包括的なサポートモデルを得ると同時にERPシステムの運用予算を大幅に削減しただけでなく、リミニストリートはグリーのITロードマップとビジネス戦略を加速する戦略的なパートナーとなりました。グリーは、ERP管理経費の削減分でIT部門の戦略的な取り組みを推し進め、最新のクラウドサービスの採用や、モバイルインターネットビジネスで不可欠な次世代セキュリティの導入を実現することができました。

 グリー株式会社、開発本部、情報システム部、部長である、岡田 寛史氏は次のように述べています。「近年、第三者保守サービスの認知度も高まり、我々も検討中に導入済みの企業様のお話を聞くことができ、採用に至りました。リミニストリートのビジネスモデルは、サービスの質とエンジニアによるサポートの対応力にフォーカスしています。つまり、エンジニアやサポートの質が競争力に直結しているのです。その結果、経験豊富なエンジニアによる質の高いサポートや、企業がビジネスの主導権を持ち、IT戦略を促進するための戦略的なサポートといった、さまざまなメリットがあります。これにより、ベンダー主導型の提案に陥ることなく、競争優位性を得ることができます。リミニストリートを採用することで、5年後の事業計画を見据えて、現行のERPシステムを継続し、価値を最大限に生かしながら、最新技術を活用したIT環境に投資するという選択が可能になりました。」

 専任サポートエンジニアによる高品質なサービス
グリーをサポートするのは、シニアレベルの専任サポートエンジニア(PSE)です。また、365日、24時間体制で、優先度1のお問い合わせケースには15分以内に問題解決に着手するローカルエンジニアチームの対応を保証するサービスレベル契約(SLA)を結んでいます。
「今までは、問い合わせへの返答に時間がかかり、追加費用がかかることも少なくありませんでした。リミニストリートに切り替えてからは、365日24時間体制の専任サポートがつくため、仮に真夜中に問題が起きたとしても、迅速に対応していただくことができ、仕事の効率性も上がりました。」と岡田氏は続けました。

 日本リミニストリート株式会社 日本支社長の脇阪順雄は次のように述べています。
「グリー様は、高額な保守費用、また関連するコストや必要性の低いリソースを削減することで、新たに確保した予算を、クラウド化や次世代セキュリティの導入に活用されました。弊社の多くのお客様同様、戦略的ビジネスプランや最新のIT環境に投資することで、今後の事業計画を見据えています。進化の激しいモバイルインターネット業界において、競争力を維持されながら、常に最新の対応を必要とされるIT部門をこれからもリミニストリートはサポートしてまいります。」

 リミニストリートについて
リミニストリートは、エンタープライズソフトウェア製品とサービスのグローバルプロバイダーであり、OracleおよびSAPのソフトウェア製品に対する第三者保守サポートとSalesforceのパートナーとしても、契約顧客数および認知度の両面において業界をリードしています。2005年以来、多くの受賞歴を持つ革新的プログラムにより、エンタープライズソフトウェア向けサポートサービスのあり方を塗り替えてきました。これにより、IBM、Microsoft、Oracle、SAPおよびその他のエンタープライズソフトウェアを利用するライセンシーにかかるサポート費用総額の最大90%を削減することを可能にしています。そしてお客様は、現行のソフトウェアリリースを、アップグレードなしに少なくとも15年間使い続けることが出来るようになります。多様な業界のグローバル企業、フォーチュン500企業、中規模企業、公共セクター組織を含む1,800社以上の顧客が、信頼できる第三者保守サポートプロバイダーとして、リミニストリートにサポートを委託しています。詳細 https://www.riministreet.com/jp をご覧ください。またTwitter(@riministreet_jp)、 Facebook、LinkedInでリミニストリートをフォローしてください。 (C-RMNI)

 将来見通しに関する記述
本プレスリリースには、過去に関する事実ではなく、1995年米国民事証券訴訟改革法のセーフハーバー規定に定義する将来見通しに関する記述が含まれています。通常、将来見通しに関する記述には、「かもしれない」、「はずだ」、「だろう」、「計画する」、「意図する」、「予知する」、「考える」、「推定する」、「予測する」、「可能性」、「思われる」、「求める」、「継続する」、「将来~だろう」、「期待する」、「見通し」などの単語や、その他類似の語句や表現が使用されます。これらの将来見通しに関する記述は、将来的な事象、将来的な機会、グローバルでの拡大およびその他成長に関する取り組み、およびそれら取り組みへの当社の投資に関する記述を含みますが、それらに限定されません。これらの記述は、さまざまな仮定および経営陣の現時点の期待に基づいており、実際の業績を予測するものではなく、過去に関する事実に基づく記述でもありません。これらの記述は、リミニストリートのビジネスに関連する多くのリスクおよび不確実性に左右されるものであり、実際の結果は大きく異なる可能性があります。これらのリスクおよび不確実性としては次のもの(ただしこれらには限定されない)が挙げられます。将来的にリミニストリートが活動するビジネス環境における変化(リミニストリートが活動する業界に影響を与えるインフレや金利、一般的な財務、経済、規制、および政治的な状況などを含む)。既存訴訟、政府当局による調査、又は新規訴訟における不利な展開。当社訴訟に関連するOracleからの損害賠償返還の最終的な金額および時期。好条件で追加のエクイティ又はデットファイナンスによる資金調達の必要性および可能性と当社が成長するための取り組みとして、投資の増加に資金を提供するために、事業からキャッシュフローを生み出す能力。流動性の基準を満たす現金および現金同等物の充足性。シリーズA発行済み優先株(13%)の条件および影響。税金、法律、および規制の改正。競合製品と価格設定。増益管理の困難性。直近に展開した新規製品およびサービス(Rimini Street Mobility, Rimini Street Analytics, Rimini Street Advanced Database Security およびSalesforce Sales Cloud並びにService Cloud製品に関するサービス等を含む)に加えて、近い将来に導入する予定の製品およびサービスの成功。リミニストリートの経営陣メンバーの終任。リミニストリートの株式の長期的な価値の不確実性。リミニストリートが「Risk Factors」に記載している事項(2019年5月9日に証券取引委員会に提出したリミニストリートのForm 10-Qによる四半期報告書の「Risk Factors」で記載された開示の修正および再表示)および適宜それら事項について更新される内容、およびそれら事項が将来的なForm 10-Kによる年次報告書、Form 10-Qによる四半期報告書Form 8-Kによる最新の報告書およびリミニストリートがSECに提出するその他書面に更新されている事項。さらに、将来見通しに関する記述には、本プレスリリースの発表時点でのリミニストリートの将来の事象に関する期待、計画、または予測、および考えが示されています。リミニストリートは、後発事象や今後の進展がリミニストリートの評価を変える原因になると予想しています。ただし、リミニストリートは、これらの将来見通しに関する記述を将来のある時点で更新することを選択する可能性がある一方で、法律で要求されていない限り、そのような義務を明示的に否認いたします。これらの将来見通しに関する記述は、本プレスリリース発行日後の時点におけるリミニストリートの評価を表すものとして依拠されるべきではありません。

 # # #
(C) 2019 Rimini Street, Inc. All rights reserved. Rimini Streetは、米国およびその他の国におけるリミニストリートの登録商標です。Rimini Street、Rimini Streetロゴ、およびその組み合わせ、その他TMの付いたマークは、リミニストリートの商標です。その他のすべての商標は、それぞれの所有者の財産権を構成するものであり、別段の記載がない限り、リミニストリートは、これらの商標保有者またはここに記載されているその他の企業と提携や協力関係にあるものでも、またそれらを支持しているものでもありません。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ