必要にして十分。プロの締付け「コードレスインパクトドライバ」の新製品発売

 工機ホールディングス株式会社
経済性とはかどる仕事を両立。ブラシレスモーター採用のシンプルモデル。6月12日(水)より発売開始

 電動・エア工具および理化学機器を製造・販売する工機ホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 兼 CEO:森澤篤)は、「コードレスインパクトドライバ」の新製品・WH18DB形/WH14DB形を2019年6月12日(水)より全国の電動工具取扱販売店などを通じて発売いたします。

 【 当製品の特長 】

 コンパクトで取り回しやすいブラシレスモーター採用。カーボンブラシ交換不要で手間いらず。
トリガ連動式の電池残量表示やLEDライトなど、プロの業務に必要な機能を厳選。
ビット振れを低減することにより、ねじ締めがしやすく作業効率アップ。

 本製品は18V/14.4Vスライド式リチウムイオン電池を搭載し、高い経済性と、はかどる仕事を両立したコードレスインパクトドライバです。
 高耐久・長寿命ブラシレスモーターを採用し、コンパクトで取り回しやすく、カーボンブラシ交換不要でメンテナンスの手間がかかりません。また、ビット振れを低減することにより、ねじ締めがしやすく作業効率がアップします。

 工機ホールディングスは、今後とも、使われる方の視点に立った、より良い製品とサービスの開発に努め、お客様であるプロのための「極上」のユーザー体験を提供し、その情熱と信頼に応えてまいります。

「コードレスインパクトドライバ」(WH18DB形(左)/WH14DB形(右))

 詳細は以下のとおりです。

 <主な特長>
■コンパクトで取り回しやすいブラシレスモーター※採用。
 カーボンブラシ交換不要で手間いらず。

 ブラシレスモーター採用で、当社ブラシ付き製品と比較してコンパクトで取り回しやすく、カーボンブラシの交換が不要でメンテナンスの手間がかかりません。

 ※ブラシレスモーターは、「高耐久&長寿命」「メンテナンスフリー」「小形・軽量・強力」を特長とした次世代モーターです。

 ■トリガ連動式の電池残量表示やLEDライトなど、プロの業務に必要な機能を厳選。
 トリガ連動式の電池残量表示機能は、ボタン押すだけでバッテリー充電切れを確認でき、作業の中断を軽減します。
 また、本体装備のLEDライトは、トリガを引くだけで点灯するだけでなく、照射範囲が広いため、暗い場所で作業がしやすく、作業効率がアップします。

 ■ビット振れを低減することにより、ねじ締めがしやすく作業効率アップ。
 アンビルの六角二面幅加工精度向上と、高精度の軸受け(ソリッド型ニードルベアリング)採用でビット振れを低減することにより、長いビットでもねじ締めがしやすく、作業効率がアップします。

当製品の作業イメージ

 <製品概要>
■希望小売価格:

 ・WH18DB形
 (2SC) 58,000円(消費税別) ※3.0Ahリチウムイオン電池(BSL 1830、急速充電器(UC18YSL3)付
 (NN) 22,000円(消費税別) ※蓄電池、充電器別売り
 ・WH14DB形
 (2SC) 53,800円(消費税別) ※3.0Ahリチウムイオン電池(BSL 1430、急速充電器(UC18YSL3)付
 (NN) 21,000円(消費税別) ※蓄電池、充電器別売り
■仕様:

 <ご参考>
電動工具の日

 2018年より、10月1日は「電動工具の日」である、と一般社団法人日本記念日協会によって認定されました。十月一日はプラスとマイナスドライバ、10月1日はイチとゼロでスイッチを意味し、電動+工具の記念日にふさわしいとされました。「HiKOKI」(ハイコーキ)ブランド要諦発表の日が電動工具の日になったことを歴史に刻み、業界発展のためにさらなる貢献をしてまいります。

 工機ホールディングス株式会社について
 工機ホールディングス株式会社は、ドライバ、ドリルなど約1,300 機種の電動工具、釘打機などのエア工具、刈払機や植木バリカンなどの園芸工具、クリーナや高圧洗浄機などの家庭用電化製品群および超遠心機などのライフサイエンス機器を製造販売するリーディングカンパニーの一つです。
 70 年の歴史に裏打ちされた高い信頼性と世界最高水準の技術力を誇り、日本はもとより、欧州、米州、アジア、オセアニア、中近東、アフリカにおよぶ世界95ヵ国に販売拠点を持ち、グローバルに事業を展開しています。

 *2019年3月31日現在

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ