テレビ大阪『ナマ虎スタジアム』が2戦連続で在阪テレビ局視聴率トップに!

 テレビ大阪株式会社
6月11日(火)放送『ソフトバンク×阪神』『開運!なんでも鑑定団』マルチ放送で世帯視聴率11.5%を獲得!

 6月11日(火)『ナマ虎スタジアム』第2部(2054-2154)の瞬間最高視聴率は13.3%を記録!関西地区21時台(21時~22時)の視聴率も10.6%と、在阪テレビ局トップの高視聴率を獲得!

 テレビ大阪『ナマ虎スタジアム』http://www.tv-osaka.co.jp/ip4/tigers/

 6月11日(火)にヤフオクドームで行われたソフトバンクとの交流戦では、先発のメッセンジャー投手が悔しくも9回2死から同点打を許し、延長12回の死闘の末、2-2で引き分けとなった。緊迫した試合展開に、同日夜6時55分から放送されたテレビ大阪『ナマ虎スタジアム』の視聴率も在阪テレビ局1位の高視聴率を獲得した。

 第1部(1855-2054)では7.4%を記録。そして、第2部(2054-2154)では11.5%(※マルチチャンネル放送のため『開運なんでも鑑定団』との合算/視聴率はビデオリサーチ関西地区調べ)で、在阪テレビ局1位の高視聴率を獲得した。
瞬間最高視聴率は21時00分の13.3%で、1点を争う9回裏2死2塁、ソフトバンクの攻撃、阪神の先発・メッセンジャー投手がソフトバンクの2番・今宮選手との勝負で、抑えることができれば完投勝利という誰もが目が離せない場面だった。
これで、前回の『ナマ虎スタジアム』<5月7日(火)放送・ヤクルト×阪神戦>第2部(2054-2154)マルチ放送で獲得した世帯視聴率13.0%に続き、野球中継2試合連続での在阪テレビ局1位を記録した。

 この試合を実況したアナウンサーの福谷清志は、「好プレー連続の引き分け。完投勝利目前で1点を奪われ、追いつかれはしましたが、メッセンジャー投手の力投、そして昨季までタイガースでプレーしていたホークス・松田遼馬投手の古巣への初登板。粘りのピッチングに胸を打たれました」とコメント。
リポートを担当したアナウンサーの前田拓哉も「勝利まであと1人から、まさかの同点。ただ、ベンチからは悲観的な声は一切なかったです。引き分けでしたが、今年の阪神の強さを感じました」と話した。
『ナマ虎スタジアム』番組プロデューサーの松田真佳は、「延長枠にいかず勝てそうな展開だっただけに正直複雑です」と本音を漏らした。

 次回のテレビ大阪『ナマ虎スタジアム』は、7月2日(火)
【横浜DeNAベイスターズ×阪神】@横浜スタジアム
第1部:1855-2054 第2部:2054-2154<マルチチャンネル編成にて放送>
◇解説 江夏 豊
◇ゲスト解説 籔 恵壹
◇実況 福谷 清志(テレビ大阪アナウンサー)
◇リポート 前田 拓哉(テレビ大阪アナウンサー)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ