【恋文の日】令和はYouTubeで告白!?昭和・平成時代のみんなの告白事情を調査! ~5.23「恋文の日」にちなみ、140文字ラブレターキャンペーンを実施~

 エン婚活エージェント株式会社
「恋文の日」にちなんだ告白に関するアンケート調査

 エン婚活エージェント株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:間宮亮太)は、20~50代の男女560人に対して「告白方法」に関するアンケート調査を実施いたしました。また、5月16日~23日までの一週間、Twitterにて『140文字ラブレターキャンペーン』を実施いたします。

 〈調査背景〉
5月23日は「恋文の日」。スマートフォンやSNSが普及してから、「ラブレター」という言葉も馴染みがなくなりましたが、世代によっては学生の頃にあげたりもらったりしたことがある方も多いのではないでしょうか?昭和、平成、それぞれの時代に合った告白の仕方があり、そして新元号「令和」ではどんな告白の仕方が主流になるのか。今回は、「告白方法」の実態について調査してみました。

 ■男女560人に聞いた!みんなの『告白事情』

 まず最初に、自分から告白したことがあるかを伺うと、女性の約6割、男性の約9割が自分から告白した経験があると回答しました。次に自分から告白をしたことがある人にその手段を聞くと、ダントツで「直接会って告白」が多く、「メール」「電話」「手紙」が続きました。
「SNS」と「メール」で告白した人たちを年代別で見ると、他の世代に比べて20代が25.7%と高く、若者は「直接会って告白」の次にスマートフォンを利用した、SNSやメールなどを使って告白する人が多いことが分かりました。

 年代別に「ラブレターを書いたことがある・もらったことがある」人を見てみると、20代・30代に比べて、40代・50代の方が、書いたこと・もらったことの両方が多いという結果が出ました。
先ほどのグラフで、20代・30代は、SNSやメールでの告白が増えているとの結果が出ましたが、今回の結果から、ラブレターを書いて告白している人は少ないことが分かりました。

 ラブレターを書いたことがある人は、女性で約4割、男性で約3割と少ないことが分かりました。ラブレターをもらったことがある人は、男女とも約4割でした。

 年代別に「ラブレターを書いたことがある・もらったことがある」人を見てみると、20代・30代に比べて、40代・50代の方が、書いたこと・もらったことの両方が多いという結果が出ました。
先ほどのグラフで、20代・30代は、SNSやメールでの告白が増えているとの結果が出ましたが、今回の結果から、ラブレターを書いて告白している人は少ないことが分かりました。

 初めてラブレターを書いた時期、もらった時期では、「小学生」「中学生」がともに1.2位でした。社会人になってから初めてラブレターのやりとりをする人も多いことが分かりました。

 ■相手からされたい理由 (女性)

 好きな人に告白すら出来ない男性に魅力を感じない。
好きな人に告白すら出来ない男性に魅力を感じない。
真っ直ぐに向かってくれることに誠実さを感じるから。
ストレートに気持ちを伝えてもらえたら、相手の本気度がわかるから。
傷つくリスクがないから。
男性にリードして欲しい。

 ■自分からしたい理由(男性)

 想いを自分で伝えた方がスッキリするから。
男性なので、責任があるから。
相手からの告白を待つのはかっこ悪いから。
男性としてのプライドにより、リードしたいと思うから。
待ってるだけだと、先に進まない感じがするから。
成功しても失敗しても納得出来るから。

 小学生のとき、体育倉庫にわざわざ呼び出されたのに、2番目に好きと言われた。
告白したら、考えさせて欲しいと言われて店のトイレでお母さんと相談していたこと。
メールで告白された相手が会ったら同姓の別の人だった。
弟が、奥さんと付き合ったときの告白で「僕と付き合ってください、返事はイエスかハイで」と言ったこと。
告白した日が4/1で信用してくれなかった。
彼が告白のために曲を作ってきて車で流していたらしいけど歌詞が全然聞き取れなくて台無しにしてしまった。
学生時代、クリスマスに告白したら、その返事が年賀状で「ただのお友達で」と書かれていて、家族にも見られて恥ずかしかった。

 フルマラソンをゴールしたあと、女性から告白してほしい。
夕焼けが綺麗に見えるところ。
出張が多いから、空港で出発口で告白されたい。
告白してもらえるならどんなシチュエーションでもいいです。
ドライブやロードバイクツーリングが好きなので、その休憩中。
駅でバイバイするとき。

 AI診断で告白が無くなるかも!?
Tiktokで告白
脳内間での意思疎通
女性からの告白
YouTubeで告白
万葉集より参照する
仮想現実での告白
インスタ映えする見た目のラブレター
告白手紙の代行
いきなり結婚
SNSも主流だが、ラブレター等の告白も再燃しそう
動画告白
AIがお互いの感情を予測して伝えてくれる
ドローンを使った告白、宇宙旅行での告白

 流行のYouTubeやTiktokなど動画を使った告白、新元号「令和」の由来にもなった万葉集を参照した告白などユニークなものがでてきました。
一方で、SNSやAIが発達する中、一周回って従来の「ラブレター」や「直接告白」がカッコイイ!という風潮になるのではないかという意見もありました。
令和では、どんな告白の仕方が流行るのでしょうか?楽しみですね。

 5月23日の「恋文の日」を記念して、Amazonギフト券がもらえる「140文字ラブレターキャンペーン」を実施いたします。キャンペーン期間内に、下記の参加方法に従ってご応募下さい。

 ■キャンペーン期間
2019年5月16日(木)~5月23日(木)

 ■キャンペーン参加方法
1.Twitterでエン婚活エージェント公式アカウント「エンジェルくん」(@en_konkatsu)をフォロー

 2.固定ツイートをリツイート

 3.140文字以内でラブレターを書いて、ツイート内に 「#140文字ラブレター」 を入れてツイート

 ”もっとも愛がこもったラブレターを”書いた方5名に、Amazonギフト券5,230円分をプレゼント致します。
片思いのあの人、いつもお世話になっている方など相手は誰でもOK!5月23日の「ラブレターの日」に、愛がこもったラブレターTOP5を発表致します。

 ■今すぐ応募する
https://twitter.com/en_konkatsu

 ■エン婚活エージェントについて

 「結婚相談所を、もっと始めやすく、もっと便利に。」というミッションを掲げ、圧倒的低価格で1年以内の成婚を実現する、オンライン完結型の婚活支援サービス。26,000名以上の会員同士を希望条件や価値観を元にマッチング。毎月6名以上のご紹介や専任コンシェルジュの活動サポートを特徴とし、「結婚成功(結婚の成立+結婚後の幸せ) 」に向けたオンライン講座の受講が可能。

 会社名:エン婚活エージェント株式会社
代表者:代表取締役社長 間宮 亮太
創 業:2016 年 2 月
所在地:新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー
URL :https://en-konkatsu.com/

 【本リリースに関するお問合わせ先】
広報担当:白井
MAIL:info@en-konkatsu.com

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ