ケーブルメディアワイワイによるゴールデンゲームズinのべおか 4K生中継用にMDP3040(IP伝送装置)提供

 株式会社メディアリンクス
株式会社メディアリンクス(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長 ジョン・デイル 東証ジャスダック6659 以下メディアリンクス)は、株式会社ケーブルメディアワイワイ(本社:宮崎県延岡市 代表取締役社長 竹本 常夫 以下 ワイワイテレビ)による「ゴールデンゲームズinのべおか」の4K生中継用に、MDP3040(4K 4:1TICO圧縮SMPTE2022-6 IP伝送装置)を機材提供いたしました。

 4K生中継 映像伝送
 平成から令和にバトンが渡されたばかりの5月4日、好天に恵まれた宮崎県延岡市西階総合運動公園陸上競技場で、日本グランプリシリーズ延岡大会「第三十回ゴールデンゲームズinのべおか」が開催され、例年通り、ワイワイテレビが生中継を行いました。
 競技場からワイワイテレビ局舎間の4K生中継映像IP伝送用機材として、メディアリンクスは、MDP3040を提供いたしました。競技場に設置された4Kカメラの映像は、MDP3040の内蔵TICOエンコーダにより1/4に圧縮されるとともに、映像伝送規格のSMPTE2022-6でIP化され、ワイワイテレビの10G回線1本で局舎まで低遅延で伝送。ワイワイテレビ局舎内に設置されたMDP3040でIP受信し、内蔵TICOデコーダでヴィジュアリーロスレス(視覚上無損失)な4K映像としてビデオ出力されました。
 このMDP3040で伝送された4K映像は、他の経路からの映像信号とともに編集が行われ、ワイワイテレビのコミュニティーチャンネル(ワイワイチャンネル、ワイワイ4K)番組として放送されました。また、ジャパンケーブルキャストCh700、日本陸上競技連盟(JAAF)にライブ配信されました。MDP3040よるクリアな4K映像は、選手の熱い熱気をそのままに再現し、視聴者に感動と興奮を伝えることが出来ました。

 リモートプロダクション
 今回、ワイワイテレビでは新しい試みとして、4Kリモートカメラを使用した、リモートプロダクションを行いました。局舎内のカメラコントロール信号を、競技場の4KリモートカメラまでIP伝送し、遠隔地からコントロールしました。
 メディアリンクスのMDP3040(4Kx2chTICO圧縮対応)やMDP3020(2Kx2ch J2K圧縮対応)は、リモートプロダクションとの親和性が高く、4Kもしくは2Kライブ放送を行うためのコンパクト(1RUハーフ サイズ)なエッジデバイスとして最適です。また、リモートプロダクションにより、競技場のカメラクルーの人的リソースの削減を行うことが可能です。

 【株式会社ケーブルメディアワイワイについて】
延岡市、日向市をはじめ宮崎県北部を中心にケーブルテレビ、インターネット、電話などのサービスを提供しています。「地域に役立つ会社」をめざし、地域が抱える問題を取材した番組づくりや、地元に密着した様々な事業を展開。買い物弱者をテーマにしたドキュメンタリー「買い物のカタチ」が、第38回 日本ケーブルテレビアワードで優秀賞に輝いています。
http://www.wainet.co.jp/

 【株式会社メディアリンクスについて】
メディアリンクスは、全世界の放送局や通信会社に、4K、HD / SDビデオ、オーディオ、データなどをIPによって伝送する最先端技術を駆使した製品とソリューションを提供しています。2014年には、JPEG2000(J2K)相互運用の標準化と製品化の貢献により、エミー賞を受賞しました。
http://www.medialinks.co.jp/

 本件に関するお問い合わせ 株式会社メディアリンクス IR広報室 044-589-3440

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ