株式会社prd、学生のスキルを可視化し、スキルの向上/活用の場を提供する「スマートソン」が法人向け正式公開

 株式会社prd
「Smartthonコミュニティ」は、学生のスキルを可視化し、インターンを通じたスキルの向上/活用の場を提供する「スマートソン」として生まれ変わり、正式にリリースいたしました。

 株式会社prd(本社:東京都品川区、代表取締役:金子 貴載、市川 靖裕)は、学生のスキルを可視化し、インターンを通じたスキルの向上/活用の場を提供するオンラインコミュニティ「Smartthon」を法人向けに正式公開致しました。「Smartthon」は、本日よりスキルチェッカーと呼ばれるスキルのセーブ機能、そしてインターンマッチと呼ばれる経験したい業務や成長させたいスキルを起点に企業とのマッチングを行う機能のサイクルを通じて、学生が自分のスキルを可視化し市場価値を高めるためのプラットフォームとなります。法人向けには、以下の特長を持つインターンマッチングサービスとしてサービスの提供を行ってまいります。・登録無料、完全成果報酬型でお気軽にご利用いただけるインターンマッチングを実現・学生のモチベーション/学生の特定分野におけるスキルといった会社にあった軸での候補者選びの手段を提供・上位校を中心とする学生ユーザー層、高い反応率、強いエンゲージメントを実現Smartthon公式サイト(学生):https://smartthon.com/

 ■スマートソンとは
スマートソンは、学生のスキルを可視化し足りないスキルを補強したり、高いスキルを活かしさらなる高みを目指せるインターン先を見つけるプラットフォームです。
学生は、本プラットフォームを通じてスキルの可視化(スキルチェッカー)とスキルの向上/活用(インターンマッチ)のサイクルにより学生生活を充実させながら自身の市場価値を高められます。

 今回のリリースでは、「やりたいマッチ」機能のみを公開し、「スキルチェッカー」や「スキルマッチ」機能については順次公開を予定しています。

 ■スマートソン・プロジェクトの狙い
新卒一括採用や新卒一律待遇という文化は、ポテンシャル採用という考え方を前提としています。
しかし、今日においては、すでに学生が学生の身分のままインターンとして就労を経験したり、自分で特定分野の勉強や実践を行うことで社会的に有益なスキルを培うことが可能です。
その経験やスキルを正しく捉え、正しく評価できる社会こそ弊社の考える未来であり、その一歩目として、スマートソンを通じて、学生のスキルや経験をデータとしてバンキングし、スキルや経験の根拠として薄弱なESや履歴書といった文化の刷新を狙います。

 ■やりたいマッチ(今回のリリース機能)

 今回リリースする「やりたいマッチ」は、従来のインターン採用における課題をクリアにすべくサービスが提供されます。

 <課題感>
課題として、以下が挙げられます。これらは、起点が企業側に置かれてしまっていることが原因と考えています。

 1人あたりの採用単価が高く割に合わない
期待ほどインターン生のモチベーションが高くない

 <特長>
「やりたいマッチ」では、完全成果報酬制を取り入れており、採用が決まるまで料金は一切かかりません。
更に、学生の「やってみたい」業務や「伸ばしたい」スキルを提示し、企業がスカウトする形式を取っているため、インターン生が業務でのギャップやモチベーションの低下を感じにくい仕様になっています。

 ■今後の展望
今後は、スキルを可視化する「スキルチェッカー」機能や業務をする上での要件となるスキルでフィルタしてスカウトを行える「スキルマッチ」機能を順次リリースしてまいります。
ご期待くださいませ。

 ■会社概要
会社名:株式会社 prd
代表者:代表取締役 金子 貴載 市川靖裕
所在地:〒142-0062 東京都品川区小山3-21-10 ARK21・武蔵小山 2階 2号室
電話番号:03-4400-7420
株式会社 prd 公式ウェブサイト:https://prd-inc.jp/
担当者メールアドレス:info@prd-inc.jp

 ■サービス概要
名称:「Smartthon」コミュニティ(スマートソン)
概要: ハイエンド学生と企業のコミュニティ
URL(企業向け): https://smartthon.com/enterprise/
URL(学生向け): https://smartthon.com/

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ