総合学習プログラム「RISE」本格始動

 麗澤大学
経験を活かし、世界へ、地域へ自ら発信する力をつける

 麗澤瑞浪中学校(岐阜県瑞浪市/校長:蟹井克也)では、総合的に自らの経験を活かし、世界へ自分と日本を発信できる「国際的日本人」を育成することを目的に2015年から総合学習プログラム「RISE」をスタートさせました。
 「RISE」とは、「Research(調査・研究)」「Identity(主体性)」「Study(学び)」「Experience(体験)」の頭文字をとったものです。
 中学1年生で日本の伝統文化を学習・体験し、知っているようで深く理解できていない自分達を見つめなおします。2年生では、机上だけの学習方法ではなく、身近な地域社会をフィールドに地域貢献活動を実施。学習した内容を、実際に活動を通して体験することで応用力を見につけます。3年生では、視野を日本から海外に向け、互いの文化理解を深め、国際的な視野を養うために海外語学研修を行ないます。
「RISE」には、「日が昇る」という意味もあります。先人が我が国を「日出づる国」と形容したのになぞらえて、麗澤瑞浪中学校で身につけた力を活かし、自分の将来を切り開いてほしいと願っています。
 このプログラムを担当する教員は「国際社会に飛び出す生徒たちには日本のことをしっかり話せる日本人になってほしい。このプログラムを通し、日本の文化を体験・学習し、説明できる機会を与えたい。そして得た知識や知見を海外修学旅行、地域の方々に披露すること。これらの活動を通して、自らの将来を切り拓くことのできる人間に成長してくれることを願っています」とコメントしています。

 ◆2019年度RISEプログラム

 <中学1年生>
6月~10月 日本文化体験 ※琴・茶道・書道・染物・陶芸の5コースから選択し、体験
11月30日 体験レポート発表会

 <中学2年生>
6月末~10月末 地域貢献活動※高齢者施設への訪問。お土産を製作、出し物の計画・準備
11月~1月 海外研修準備
11月22日 地域貢献活動発表会

 <中学3年生>
6月~10月 海外研修準備、10月20日~30日 海外研修
※現地ではホームステイ。現地の学校へ通い授業やスクールバディを中心とするクラスメイトとの交流を体験する。2018年はオーストラリア・ブリスベン「ファーニーグローブ州立学校」「ムルンバ州立学校」「ノースレイクス州立学校」という3つの現地校に分かれてプログラムに参加。

 【麗澤瑞浪中学・高等学校ついて】
麗澤瑞浪は、自立、感謝、思いやりの心を育む中高一貫の私立学校です。豊かな自然環境と快適な施設のなか、寮生と通学生が切磋琢磨しながらともに過ごし、人としての成長と高い大学進学率の両立を実現しています。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ