JALとアエロメヒコ航空、コードシェアを開始

 日本航空株式会社
~日本とメキシコ間の移動がさらに便利になります~

 2019年2月12日
日本航空株式会社
アエロメヒコ航空

 日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:赤坂 祐二、以下「JAL」)とアエロメヒコ航空 (本社:メキシコシティ、CEO:Andres Conesa、以下「AM」)は、2017年にコードシェア提携に合意した旨を発表しました(*)が、この度、2019年2月13日(水)より、コードシェアを開始します。
(*) 2017年10月11日付 共同リリース「JALとエアロメヒコ航空、コードシェア提携に合意」参照
URL: http://press.jal.co.jp/ja/release/201710/004451.html

 多くの日本企業の進出に伴い、日本とメキシコ間の渡航需要は年々増加しています。アエロメヒコ航空は、メキシコのフラッグキャリアで、広範なネットワークを展開しています。AMと相互にコードシェア提携を行うことで、お客さまの利便性のさらなる向上に努めます。

 JALは、AMが運航する成田=メキシコシティ間の便と、メキシコシティを発着するAMが運航するメキシコ国内の多くの便でコードシェアを行います。また、AMは、JALが運航する日本国内路線でコードシェアを行います。AMとのコードシェアにより、JALのメキシコ国内ネットワークは、現在の8地点から30地点に拡大、AMの日本国内ネットワークは25地点に拡大します。
今後も、マイレージ提携やラウンジ相互利用など、両社のお客さまにとってメリットを最大限に提供できるよう、さらなる業務提携について検討してまいります。

 コードシェアの概要 ※コードシェア便の運航は、政府認可を条件としています。
○コードシェア販売・運航開始日: 2019年2月13日(水)

 ○AM運航便(JALコードシェア):成田=メキシコシティ、メキシコ国内各路線、およびメキシコシティ-サンフランシスコ(片道)

 ○JAL運航便(AMコードシェア):成田および羽田を発着する国内線

 ※新千歳-成田、ならびに福岡-成田は、準備が整い次第コードシェアを開始します。

 コードシェア対象路線

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ