2019年1月19日初発より阪急京都線のダイヤ改正を実施します

 阪急電鉄株式会社
~平日 朝・夕方の通勤・通学時間帯における混雑の緩和と利便性の向上を図ります~ ~2019年3月に観光特急『京とれいん』の2編成目を導入します~

 平日 朝の通勤・通学時間帯
■7時台に梅田発河原町ゆき 快速急行 を1本増発するとともに、 通勤特急 2本を 快速急行 に変更することで、淡路に停車する列車の本数を増やして 快速急行 の混雑緩和を図ります。
■8時台と10時台の通学時間帯に 普通 を増発し、沿線学生の利便性の向上を図ります。
■6時台に河原町発梅田ゆき 快速急行 、河原町発天下茶屋ゆき 準急 を各1本増発します。
■上り下りとも、(桂での待避をせず)河原町~長岡天神間の各駅に 準急・普通 を先着させることで、 通勤特急・快速急行 の混雑緩和を図ります。

 平日 昼間時間帯
■梅田を発車する 特急・準急・普通 の順序を変更することにより、梅田での列車の停車時間を長くして、ホームでお待ちいただく時間を短くします。

 平日 夕方の通勤・通学時間帯
■17時台から21時台の河原町発梅田ゆき 通勤特急 全列車を茨木市で 準急 梅田ゆきと接続させ、それにより河原町方面からご乗車のお客様の淡路における千里線・地下鉄堺筋線への乗り継ぎ利便性を向上させます。

 土休日
■梅田~河原町間で運行している観光特急『京とれいん』の2編成目を2019年3月に導入し、『京とれいん』を増発します。
※観光特急『京とれいん』の2編成目の詳細については、本日、当社より別途ニュースリリースをしています。

 1.ダイヤ改正実施日
2019年1月19日(土)初発より

 2.概要
京都線(京都本線・千里線・嵐山線)において、ダイヤ改正を行います。

 平日 朝の通勤・通学時間帯
≪上り(河原町・北千里方面ゆき)≫
■7時台に梅田発河原町ゆき 快速急行 を1本増発するとともに、 通勤特急 2本を 快速急行 に変更することで、淡路に停車する列車の本数を増やして 快速急行 の混雑緩和を図ります。
(淡路を7時台に発車する 快速急行 は5本→8本)

 [画像1: https://prtimes.jp/i/5181/237/resize/d5181-237-853183-0.jpg ]

 ■通学時間帯に 普通 を増発し、沿線学生の利便性向上を図ります。
・上新庄・相川・正雀で下車する学生の利用が、淡路発8時台前半の列車に集中しているため、この時間帯に天下茶屋発 正雀ゆき 普通 を1本増発します。

 [画像2: https://prtimes.jp/i/5181/237/resize/d5181-237-795346-1.jpg ]

 ・淡路方面から北千里ゆきの9時台の列車本数を見直し、学生の利用が集中する8時台と10時台に各1本増発します。

 [画像3: https://prtimes.jp/i/5181/237/resize/d5181-237-176471-2.jpg ]

 ≪下り(梅田・天下茶屋方面ゆき)≫
■6時台に河原町発梅田ゆき 快速急行 、河原町発天下茶屋ゆき 準急 を各1本増発します。

 [画像4: https://prtimes.jp/i/5181/237/resize/d5181-237-176204-3.jpg ]

 [画像5: https://prtimes.jp/i/5181/237/resize/d5181-237-222905-4.jpg ]

 ≪上り・下り 共通≫
■上り下りとも、(桂での待避をせず)河原町~長岡天神間の各駅に 準急・普通 を先着させることで、通勤特急・快速急行 の混雑緩和を図ります。

 平日 昼間時間帯
■梅田を発車する 特急・準急・普通 の順序を変更することにより、梅田での列車の停車時間を長くして、ホームでお待ちいただく時間を短くします。

 [画像6: https://prtimes.jp/i/5181/237/resize/d5181-237-382871-5.jpg ]

 [画像7: https://prtimes.jp/i/5181/237/resize/d5181-237-504317-6.jpg ]

 平日 夕方の通勤・通学時間帯
■17時台から21時台の河原町発梅田ゆき 通勤特急 全列車を茨木市で 準急 梅田ゆきと接続させ、それにより河原町方面からご乗車のお客様の淡路における千里線・地下鉄堺筋線への乗り継ぎ利便性を向上させます。

 [画像8: https://prtimes.jp/i/5181/237/resize/d5181-237-170532-7.jpg ]

 土休日
■梅田~河原町間で運行している観光特急『京とれいん』の2編成目として、『京とれいん 雅洛(がらく)』を導入します。
・上記により『京とれいん』を増発し、1時間間隔で7往復運行することとします(現行は4往復)。
但し、『京とれいん 雅洛』は、現行の 快速特急 (停車駅:十三・淡路・桂・烏丸)として運行するのに対し、以前から運行している『京とれいん』は、停車駅を変更して 快速特急A (停車駅:淡路・桂・烏丸)として運行します。
※ 快速特急A 『京とれいん』が十三で乗降できなくなるのは、同駅5号線ホームに可動式ホーム柵を設置する(使用開始は2019年春頃の予定)ためです。
・なお、『京とれいん 雅洛』は、2019年3月に運行を開始しますので、それまでは 快速特急 として一般車両で運行します。

 [画像9: https://prtimes.jp/i/5181/237/resize/d5181-237-291854-8.jpg ]

 [画像10: https://prtimes.jp/i/5181/237/resize/d5181-237-534814-9.jpg ]

 ※『京とれいん』および『京とれいん 雅洛』は、車両検査時などの場合には、代替の一般車両で運行します。
※ 快速特急A 『京とれいん』は、代替の一般車両で運行する場合も十三では乗降できません。
※『京とれいん 雅洛』の詳細については、本日、当社より別途ニュースリリースをしています。

 列車種別と停車駅

 [画像11: https://prtimes.jp/i/5181/237/resize/d5181-237-732827-10.jpg ]

 ※準急(堺筋直通)は、地下鉄堺筋線では各駅に停車します。

 ※Osaka Metroにおきましても、当社が行う京都線のダイヤ改正にあわせて、堺筋線のダイヤ改正が行われます。その内容につきましては、本日(12月7日14時)、同社より別途ニュースリリースが行われています。

 阪急電鉄株式会社 http://www.hankyu.co.jp/

 リリース https://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/6466_8887b99bd1424a85dc3b459e4be48f57a77e602e.pdf

 発行元:阪急阪神ホールディングス
 大阪市北区芝田1-16-1

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ