AIチャットボットとの会話で、誰でも簡単にファイル検索ができる『Cogmo Attend with ファイルめがね』の提供を開始

 アイアクト
~ファイルサーバにある数千万件のファイルをチャットで会話しながら検索可能に~

 株式会社アイアクト(本社:東京都中央区、URL:https://www.iact.co.jp、以下アイアクト)は、AIチャットボット『Cogmo Attend(コグモ・アテンド)』に、ファイル検索の機能を付加したCogmoシリーズの新製品『Cogmo Attend with ファイルめがね(以下、Cogmo Attendめがね)』をリリースいたしました。

 [画像1: https://prtimes.jp/i/24031/21/resize/d24031-21-152977-0.png ]

 業務において、資料作成は重要な位置づけである一方、情報元となる資料の収集に週8時間を肥やし、同じような資料作成で週3時間を使うと言われています(※1)。また、ファイルサーバにファイルを保存しても、保存ルールの共通化やファイル共有の難しさ、煩わしさで、結果、資産として活かせていない現実があります。
その解決方法として、ファイルサーバ検索のツールがありますが、未導入の企業が多いことに加え、従業員の検索スキルに差があり、社内資産活用のツールとして最大限の効果が出せていないことが多いです。

 『Cogmo Attendめがね』は、サブスクリプション型の導入しやすい価格体系でファイルサーバ検索ツールをご提供すると共に、チャットボットに高度な検索スキルを学習させることで、ファイルサーバ内のファイルを誰でも簡単に検索することが可能です。ファイル検索については、30年にわたり文書管理・検索の研究、製品開発を行い、既に多くの導入実績を持っているジップインフォブリッジ株式会社の製品『ファイルめがね』のエンジンを利用することで、素早い、正確なファイル検索を実現しております。
『Cogmo Attendめがね』は、インストールするだけの無学習・無設定状態で利用も可能ですが、アイアクトのノウハウを活かしたWatson学習、設定やマニュアルによって、より検索精度の高い検索スキルを埋め込むことができます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/24031/21/resize/d24031-21-332758-1.png ]

 アイアクトは、今後もCogmo製品シリーズを充実させることで、企業のAI利活用の促進、生産性の向上などに貢献して参ります。

 ※IDC. “WHITE PAPER - The Hidden Costs of Information Work”, 2005

 -----------------------------------------------
■『Cogmo Attend(コグモ・アテンド)』について
人の話す言葉(自然言語)を理解し、一問一答型の質問に回答するだけでなく、複雑な分岐条件のある質問にも回答ができる対話型のチャットボット。標準のインターフェース(Web)のほかLINEやSkypeなどのアプリ連動も可能。『Cogmo Attend』はAI時代のチャットボットです。
Cogmo Attend Webサイト:https://www.iact.co.jp/products/cogmo_attend.html
-----------------------------------------------
■株式会社アイアクトについて
Digital Communication と Engineering で新しい価値体験を提供し続ける。をテーマに、顧客課題やニーズに応えた提案・コンサルティングと確かなプロジェクトマネジメントが強みです。大規模Webサイトの構築・運営、人工知能・コグニティブソリューションでのチャットボット開発等の提供、IoTシステム開発を手がけています。
アイアクト Webサイト:https://www.iact.co.jp/

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ