大阪都構想対案「総合区」めぐり維新と公明駆け引き

松井一郎・大阪市長が揚げる都構想の対案の行方

松井一郎・大阪市長が揚げる都構想の対案の行方

 昨年11月の住民投票で否決された「大阪都構想」の対案として掲げられた大阪府市の広域行政の一元化条例案の議論が、舞台を議会に移す。大阪市議会の2月定例会が10日開会し、今後条例案が上程・審議される予定だ。松井一郎市長(大阪維新の会前代表)が当初同時に提出を目指した「総合区」制度の条例案は、難色を示す公明党に配慮して今議会での提案は見送られる見通し。ただ、松井氏は導入への意欲を失っておらず、大阪の将来像をめぐる駆け引きは今後も続きそうだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ