自民「護る会」 防衛相に尖閣での日米演習要望 海警法施行で

中国海警局に武器使用を認めた海警法の施行を受け、自民党の「日本の尊厳と国益を護る会」が開いた会合。約30人の議員が出席した=2日午後、国会内(奥原慎平撮影)

中国海警局に武器使用を認めた海警法の施行を受け、自民党の「日本の尊厳と国益を護る会」が開いた会合。約30人の議員が出席した=2日午後、国会内(奥原慎平撮影)

 中国で海上警備を担う海警局に武器使用を認める中国海警法の施行を受け、自民党の保守系グループ「日本の尊厳と国益を護(まも)る会」(代表・青山繁晴参院議員)は2日、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺で自衛隊と米軍による定期的な共同演習の実施などを求める緊急要望をまとめ、岸信夫防衛相に提出した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ