対策強化でコロナ封じ 緊急事態宣言2週間 特措法など閣議決定

参院本会議で答弁する菅義偉首相=22日午前、国会(春名中撮影)

参院本会議で答弁する菅義偉首相=22日午前、国会(春名中撮影)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けた政府の1都3県を対象にした緊急事態宣言の発令から22日で2週間を迎えた。一般的に感染から潜伏期間を経て報告まで約2週間とされる。政府は今後の新規感染者数を見極めた上で、2月7日までの発令期間の延長の是非を判断する。22日に閣議決定し、国会に提出した新型コロナ特別措置法などの改正案を早期に成立させ、一刻でも早く対策を強化したい考えだ。(坂井広志)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ