「まるで災害対応」…自治体のワクチン専門部署、態勢作り急ピッチ

新設された「新型コロナウイルスワクチン対策室」で業務にあたる市職員=20日午後、さいたま市中央区(竹之内秀介撮影)

新設された「新型コロナウイルスワクチン対策室」で業務にあたる市職員=20日午後、さいたま市中央区(竹之内秀介撮影)

 新型コロナウイルスのワクチン接種に向け、実務を担う市町村が相次いで専門部署を発足させている。接種を2月下旬までに開始するという政府方針を踏まえて急ピッチで態勢の構築を進めているが、接種会場の確保や安全性の周知など課題は山積している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ