日米外交は脱トップダウンへ 手腕問われる外相、早期訪米も模索

衆院本会議で外交演説を行う茂木敏充外務相=18日午後、国会(春名中撮影)

衆院本会議で外交演説を行う茂木敏充外務相=18日午後、国会(春名中撮影)

 日本政府はバイデン米新大統領の就任を受け、菅義偉首相との首脳会談に向けた調整を本格化させる。ただ、日米外交は安倍晋三前首相とトランプ大統領がみせた首脳中心のトップダウン型から、閣僚や事務レベルの協議を積み上げるボトムアップ型に回帰する公算が大きい。日本側は首脳会談前の茂木敏充外相の訪米も模索している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ