コロナ抑制に手詰まり感 群馬・山本一太知事の次の一手は

定例会見で県内の感染状況について説明する山本一太知事=14日、県庁(柳原一哉撮影)

定例会見で県内の感染状況について説明する山本一太知事=14日、県庁(柳原一哉撮影)

 新型コロナウイルスの感染拡大に対応する県の「次の一手」が見えにくくなってきた。群馬県独自の警戒度は最高の「4」で頭打ちとなり、緊急事態宣言対象地域とほぼ同レベルの飲食店などへの時短要請などを既に実施しているためだ。山本一太知事は14日も宣言回避を目指すと強調したが、決定打は見いだせず手詰まり感も漂っている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ