持続化給付金と家賃支援給付金 15日で申請を原則締切  

自民党・下村博文政調会長=12日午前、首相官邸(春名中撮影)

自民党・下村博文政調会長=12日午前、首相官邸(春名中撮影)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中小企業や個人事業主向けの経済対策としてきた持続化給付金と家賃支援給付金の両制度の申請が15日で原則締め切られる。自民党内には両制度の継続を訴える声もあるが、政府は他の支援制度の活用などを求め、継続には否定的だ。政府と党の連携が不十分な背景には、最近の自民党内で経済対策に関する議論が低調なことが一因となっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ