宇宙で増大する脅威 進む対衛星兵器開発 防衛省の能力強化急務

宇宙の利用状況のイメージ

宇宙の利用状況のイメージ

 防衛省が宇宙分野の能力強化を急いでいる。令和3年度予算案には宇宙関連経費として前年度比3割増の659億円を計上し、航空自衛隊の「宇宙作戦隊」をはじめとした宇宙領域専門部隊を拡充する。宇宙では商用の人工衛星に加えて宇宙ごみ(デブリ)が増加し、衝突の危険性が高まる一方、中国やロシアが他国の軍事用衛星を破壊、無力化する兵器開発を進めており、脅威が増大している。(大橋拓史)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ