「住民投票に影響あった」 都構想試算で大阪市が謝罪

次の写真へ

 大阪都構想の住民投票(11月1日)直前に「大阪市を4分割すると、218億円のコスト増になる」との試算を市財政局が報道機関に提供した問題で、大阪市は24日、住民投票に関する公文書を故意に破棄するなどした財政局幹部ら3人を減給10分の1(3~6カ月)の懲戒処分とした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ