次期戦闘機開発、ロッキードで調整 外国支援企業で防衛省

防衛省

防衛省

 防衛省は11日、航空自衛隊のF2戦闘機の後継となる次期戦闘機開発に関し、技術的な支援を依頼する外国企業として米国のロッキード・マーチンを選ぶ方向で調整に入った。同社はステルス性能が高いF35戦闘機などの開発実績があり、機体やレーダーといったシステム全体の統合について、支援を求める。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ