めぐみさんへの手紙 横田滋さん死去で親世代2人に

 横田めぐみさんは昭和52年11月15日、新潟市の寄居中学校でバドミントン部の練習を終えて帰宅途中、北朝鮮工作員に拉致された。 平成9年3月に被害者家族会が結成されると、父の滋さん、母の早紀江さん(84)夫妻を含め全国各地の家族が国民に「拉致」の事実を知らせるため、全国を奔走。初代代表に就き、救出運動の「象徴」ともされた滋さんの講演回数は、1400回にも上った。14年に実現した被害者5人の帰国は、こうした活動がもたらした世論のうねりの結果ともいえる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ