拉致問題、結果求められる菅首相 国民大集会

次の写真へ
「全拉致被害者の即時一括帰国を求める国民大集会」であいさつをする菅義偉首相(右)。正面左から飯塚耕一郎さん、横田早紀江さん、横田拓也さん=10月24日午後2時19分、東京都千代田区(代表撮影)

「全拉致被害者の即時一括帰国を求める国民大集会」であいさつをする菅義偉首相(右)。正面左から飯塚耕一郎さん、横田早紀江さん、横田拓也さん=10月24日午後2時19分、東京都千代田区(代表撮影)

 菅義偉(すが・よしひで)首相は24日、北朝鮮による日本人拉致被害者問題解決に向けた国民大集会に出席し、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との直接会談に意欲を示した。ただ、首相が拉致問題に長年向き合ってきたことはそれほど知られていない。安倍晋三前首相が拉致問題に最も熱心な政治家として知られたことが米国など関係国の協力につながったこともあり、24日は拉致問題に対する首相の熱意を内外にアピールする機会となった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ