自民党内で存在感増す森山氏と石原派 菅首相選出を主導

自民党石原派の資金パーティー「2020 近未来政治研究会と語る集い」が行われた。石原伸晃会長(左端)の後方を通り過ぎる森山裕座長(中央)。右は山崎拓最高顧問=8日、東京都港区(寺河内美奈撮影)

自民党石原派の資金パーティー「2020 近未来政治研究会と語る集い」が行われた。石原伸晃会長(左端)の後方を通り過ぎる森山裕座長(中央)。右は山崎拓最高顧問=8日、東京都港区(寺河内美奈撮影)

 自民党石原派(近未来政治研究会、11人)は8日、東京都内で政治資金パーティーを開いた。9月の総裁選では事務総長を務める森山裕国対委員長が菅義偉首相(党総裁)の選出に主導的な役割を担い、平成29年以来となる派出身の閣僚が誕生した。党内7派のうち最小勢力だが、森山氏とともに存在感も向上している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ