安倍政権を振り返る 「グローバル外交も対韓関係悪化」 韓国 尹徳敏・韓国外国語大教授

尹徳敏・韓国外国語大教授(名村隆寛撮影)

尹徳敏・韓国外国語大教授(名村隆寛撮影)

 第1次安倍政権(2006年~07年)は日本経済が長期不況の中、わずか1年で終わったが、約5年後に発足した第2次政権は7年8カ月にわたる長期政権となり、安倍晋三首相は(バブル崩壊後に日本経済が停滞した)「失われた20年」の克服の契機をつくり、経済回復に尽くした。安倍氏の現実主義が経済政策に反映された。外交面では、米国との関係を強め、世界各国を回りグローバル外交を展開した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ