首相「拉致、日露、憲法改正が残り、痛恨の極み」

辞任の意向を表明する会見に臨む安倍晋三首相=28日午後、首相官邸(春名中撮影)

辞任の意向を表明する会見に臨む安倍晋三首相=28日午後、首相官邸(春名中撮影)

 安倍晋三首相は28日の記者会見で「(北朝鮮による)拉致問題、日露平和条約、憲法改正はどれも大きな課題だ。それぞれの課題が残った。痛恨の極みだ。自民党として全力で取り組む課題だ。次の新たな強力な体制で取り組んでいただくことを期待したい」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ