豪雨予測「100年に1度」、なぜ予報に生かされない 省庁間に壁

前の写真へ
7月の豪雨で「100年に1度」が予測された3河川

7月の豪雨で「100年に1度」が予測された3河川

 気象庁の河川流量予測で警戒レベルの基準を大幅に上回る「100年に1度」規模の水位上昇があっても発表されず、避難の参考として周知する国土交通省中心の指定河川洪水予報に反映されない事態が相次いでいる。「100年に1度」は7月豪雨で氾濫し、熊本県内で60人以上が死亡した球磨(くま)川や筑後川、最上(もがみ)川で予測された。気象庁の流量予測が国交省の防災情報に生かされない背景には、予測への不信感がありそうだ。(市岡豊大)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ