敵基地攻撃に長射程ミサイル 政府検討 島嶼防衛用を転用

敵基地攻撃能力で想定される長射程ミサイル

敵基地攻撃能力で想定される長射程ミサイル

 政府が保有を目指す敵基地攻撃能力について、島嶼(とうしょ)防衛用に計画している長射程ミサイルなどで敵ミサイルや施設を攻撃する案を軸に検討を進めていることが9日、分かった。衛星などで標的を特定し、敵レーダーを無力化して航空優勢を築いた上で戦闘機が爆撃する完結型の「ストライク・パッケージ」を独自保有する案も検討したが、費用対効果などに難点があり見送る。複数の政府関係者が明らかにした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ