東京都、警戒呼びかけの新たな指標を公表 第2波に備え医療体制重視

都庁第一本庁舎=新宿区

都庁第一本庁舎=新宿区

 東京都は30日、新型コロナウイルスの感染状況や医療提供体制を評価するための新たな指標を公表した。感染経路不明の人数や増加比、入院患者数など7項目となり、従来設けていた「東京アラート」、休業再要請の目安となる具体的な数値は設定していない。都は専門家の分析を得ながら評価を実施し、状況に応じて都民に対する不要不急の外出自粛の協力呼びかけなどの対応を検討していく。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ