9月入学、自民内に慎重な声拡大 若手議員ら60人が慎重対応要求

9月入学について、拙速な議論に反対する提言を岸田文雄政調会長に申し入れる小林史明青年局長=22日、自民党本部

9月入学について、拙速な議論に反対する提言を岸田文雄政調会長に申し入れる小林史明青年局長=22日、自民党本部

 新型コロナウイルスの影響による休校の長期化を受け、政府・与党が導入の可否を検討している9月入学制について、自民党内から慎重論が強まっている。9月入学が主流の欧米諸国と合わせることで国際競争力が増すなどのメリットも指摘されているが、党の中堅・若手は制度移行に伴う課題は少なくないと主張。「4月入学」という日本独特の慣例を変えることへの抵抗感も透けてみえる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ