習近平主席、来日延期へ 新型肺炎で環境整わず 秋以降が有力

マスク姿で北京市内の施設を視察する中国の習近平国家主席=10日(新華社=共同)

マスク姿で北京市内の施設を視察する中国の習近平国家主席=10日(新華社=共同)

 日中両政府が、4月上旬で調整してきた中国の習近平国家主席の国賓としての来日を延期する検討を進めていることが29日、分かった。複数の日中外交筋が明らかにした。中国湖北省武漢市で発生した肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大が、両国の国民生活に大きな影響を及ぼしていることを考慮し、来日の環境は整っていないと判断した。習氏の来日時期は事態の推移を見つつ改めて調整するが、東京五輪・パラリンピック後の秋以降が有力とみられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ