河野防衛相、海自中東派遣の意義強調 衆院安保委

衆院安全保障委員会の閉会中審査で答弁を行う河野太郎防衛相。左は茂木敏充外務相=17日午前、国会・衆院第12委員室(春名中撮影)

衆院安全保障委員会の閉会中審査で答弁を行う河野太郎防衛相。左は茂木敏充外務相=17日午前、国会・衆院第12委員室(春名中撮影)

 衆院安全保障委員会は17日午前、閉会中審査を開き、海上自衛隊の中東派遣について議論した。河野太郎防衛相は米イラン対立による中東情勢の緊迫化を踏まえて「日本関係船舶の安全確保に情報収集態勢の強化は必要だ」と述べ、派遣の意義を強調した。一方、海自が日本関係船舶を防護しなければならないほどの危険な情勢ではないとの認識を示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ