神奈川県葉山町が独自「クリーン計画」 プラごみ削減へ 世界のモデルに

ペットボトル飲料の販売がない自販機=葉山町

ペットボトル飲料の販売がない自販機=葉山町

 神奈川県が掲げる「かながわプラごみゼロ宣言」を具体的に実践する取り組みが同県葉山町で行われている。9月に町は独自の行動項目「はやまクリーンプログラム」を宣言し、町が設置管理する自動販売機からペットボトル飲料を撤去したり、民間企業と協定を結んで町にウオーターサーバーを設置したりするなど、プラごみの削減を目指したさまざまな施策に取り組み始めている。山梨崇仁町長は「葉山町が世界のモデルになれば」と意気込んでいる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ